【創の軌跡・ネタバレ感想33】リィンルートchapter4・鏡の中のリィン君

©Nihon Falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡・ネタバレ感想33】リィンルートchapter4・鏡の中のリィン君

ようやく置き去りだったリィンルートchapter4へ戻ります。

ネタバレしていますのでご注意ください。

ルト君連れてきてよかったと思いました

©Nihon Falcom

観覧車へ行くと、魔物がいてユウナちゃんの作戦のもと、先輩方に協力してもらって引きはがすことに。

ユウナちゃんとクルト君の些細な絡みでも嬉しいので、クルト君つれてきてよかった……(再び)

そして、倒せたかと思ったところで魔物が起き上がり、詰めが甘かったなと剣聖様が一発で倒されました(笑)

©Nihon Falcom

クルト君が全く見えなかった、とか、ラウラも精進せねば、と言っているので、リィン君はだいぶ強くなってるんでしょうね。

本人は、自分にもまだまだ課題はあると言っています。

©Nihon Falcom

あ、うん、そうなんだ……(何)

まあ、確かに無限回廊でも、ストーリーでもリーシャと共に便利に使わせていただいているので、文句は言えない。

改めてですが、リィン君は強すぎるがゆえの力のため、メンタルの不安定さ、という主人公なんでしょうか?

どちらかと言えば、ケビンもそうだったのかな。

エステルとロイドとは正反対というか……。

普通の人間が協力して何かを成す、というのはやっちゃったので、今度は強さゆえに周りと協力して、とかいう風に持っていきたかったのかな?と思います。

でもやっぱりエステル路線が好きなんだよなー(空信者)

強さ故に、もう少しずる賢いところとかも、あってもいいのかもですけど、そうなると、リィン君じゃないですもんね。

リィン君はマテウスさんと裸のつきあい(笑)で語らったことを思い出し、まだ答えは出せていないが……俺も前へ進まないとな、と考えるのでした。

ーマパークは同性だって楽しめます!

©Nihon Falcom

コースターに着くと、乗って中を確かめるか……ということに。

誰と乗るかと言われたので、ガーゴイルの像がなくなっていたことに気づいた、カンの良いクロウと乗ってみました。

あれ、これまさか新VII組クルト君かアッシュつれてなかったら、クロウ以外は全員女子……!

なんか笑える絵ではありますしたが……アトラクに男同士で乗るなんてあたり前ですから!

夢の国だって男同士で行くのなんて当たり前ですからね!

むしろ一人でも行きますからね!

と、まあうちのリィン兄様は女子と乗る気はさらさらありませんので……。

というか、単純に私的な順番がエリゼがいたら即行エリゼ、次が男子。

あとはその時の気分で、好みの女子をつまみ食い(おい)みたいな感じなので。

最後にガーゴイルが現れて、さすがにアトラクのオモチャの銃じゃ倒せない……ということになり、クロウが立ち上がります。

あれ、これ銃じゃないキャラ乗ってたらどうなるんでしょうね。

カみっしぃとの戦い

©Nihon Falcom

Mの秘宝を3つ集めると、メカみっしぃとのバトルに。

のんきな絵だ(笑)

そして気絶耐性ついてなかったふたりが、即行落ちてほぼ2人で戦ってました。

©Nihon Falcom

バトル後、メカみっしぃが自分のことを語り始めます。

カタカナで読みづらっ!

©Nihon Falcom

人間を憎み、自爆するしかないというメカみっしぃに、みっしぃとみーしぇは弟と妹という設定だったな、と言うリィン君。

おい、夢の国で設定とか言ったらダメよ。

ネズミの王様の国でもそんなこと言ったらダメよ。

みっしぃとみーしぇの姿が見えないのは、2人がそんなやり方を認めなかったんじゃないのか、と問いかけます。

ミシュナイダーは、2人は人間の子供たちが好きだから、と遠ざけたのだと言い、けれど、自分の中にもそういう心が残っている、と言います。

それから、ユウナにこの先に進むためのある物を渡し、すでに汚れた手で引き返すこともできない、と告げます。

そして、弟と妹にアイシテイルと伝えてくれ、と。

そして……

©Nihon Falcom

えぇぇぇぇ!?

ミシュナイダーは空へと飛び上がり、空中で自爆しました。

えぇぇぇぇ!?

©Nihon Falcom

何だか微妙な空気が流れます……。

悲しむところなのか、笑うところなのか。

パーティーも感傷に浸る人もいれば、イベントだよね?みたいな空気になってて、どっちが正しいのやら。

しかし、二つのルートに比べると微妙に緊迫感がないような(笑)

え、で、結局イベントだったの?

ミシュナイダーはこの先には真の王がいる、と言っていたので、鏡の城に向かうことになりますが、クルト君はあれは設定では、と微妙な顔です。

さて、何が出るのやら??

の城へ……

©Nihon Falcom

中に入ると……あれ、零だったか碧だったかの時みたいに、ダンジョン化していました。

すっかり異界化している、とのことですが、果たして何が待っているのか。

しかしまあ、前からですけど、アーツ反射と物理反射の敵がそれぞれめんどくさいんだよなあ……。

©Nihon Falcom

少し進むと、鏡の中から攻撃され、中から出てきた仲間の偽物とバトルへ。

どうやら機械仕掛けだったようですが、転がってる姿がなんか悲しかったです。

©Nihon Falcom

偽物ですけどユウナちゃんとクルト君が転がってる……!!

ショックです。

ここに何かあるのは間違いないけれど、まだなにがるのかはわからない。

気をつけて進もう、と言うところで、リィン君が鏡に違和感を覚えますが……。

©Nihon Falcom

リィン君が歩き出すと、そこにふと写ったのは呪いバージョンリィン君。

何だ、ノーバディーだかハートレスなのかと(笑)

さらに奥へ進むと、何と落とし穴に落っこちてしまいました。

おい、剣聖さま!!

リィン君とセリーヌ、クロウだけがいて、部屋に閉じこめられてしまったようです。

手がかりを探していると、再び鏡の中からクロウの攻撃が飛んできて……

©Nihon Falcom

と思いきや、やっぱり一緒にいたクロウの方が偽物でした。

あっさり全員合流し、再び偽物とバトル。

ユウナちゃんとクルト君で決めたら、後ろの鏡に2人が映ってて何かときめいた(何故)

あまり長居したくない不気味な場所ですが、あと少し……とのことで先に進もうとします。

しかし、リィン君がやはり鏡から気配を感じて振り返ると、そこには呪いに蝕まれたリィン君の姿が。

©Nihon Falcom

思わず刀を構えますが、その瞬間に消え失せていました。

©Nihon Falcom

そして、リィン君が離れていくと、やはり鏡の中のリィン君には何か違和感が……。

どうでもいいですが、鏡に映ったリィン君の髪型って何か妙な感じだな。

奥にて……脅される

©Nihon Falcom

最上階につくと、異界化極まれり……というところで、ユウナちゃんもあの事件みたい……と思っています。

あたりを探ってみることになり、奥の鏡にふれると、しばらく無限回廊に入れなくなる、と注意書きが。

しかも、結構な脅し文句だったので、ちょっと怖くなりました(笑)

しばらく入れなくなるので、くれぐれも遊び残しがないよう、みたいな。

あー……結構エピソードとかミニゲームたまってるんだよなあ。

どうしようかな、と思い、ちょっと無限回廊へ遊びに行くことに。

さんざん言われてましたが、好きだったなー。空のアニメ。

英雄伝説 空の軌跡 THE ANIMATION vol.2(最終巻) [DVD]

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告