【創の軌跡・ネタバレ感想69】夢幻の彼方へ・アルティナちゃんが主役です!?

©Nihon Falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡・ネタバレ感想69】夢幻の彼方へ・アルティナちゃんが主役です!?

結構なストーリー性と、最初からいれておく予定だったのかな? という内容でしたね。

ネタバレしていますのでご注意ください。

しい光景です

©Nihon Falcom

奥に着くと、みんなを呼んで最後の戦い? へ。

3編成とか言われてビビりました。

あんまり強くしてない人も多いですからねー。

クォーツも装備も適当すぎて……。

OzXXが青いプレロマ草が沢山咲いている中に一人立っています。

美しいですが、寂しい光景ですね。

たどり着くと、あなた達にとっては放っておいた方が良かったはずなのに……と背を向けたまま一行に言います。

©Nihon Falcom

アルティナちゃんが

そうではなかった、というだけの話です。

……また、会えましたね。

と少し寂しげに微笑んで語りかけました。

”はじまりのOz”……

……いえ、何と呼ぶべきでしょうか。

と。

©Nihon Falcom

OzXXは、私に名前はない、と言います。

ううんーー何もない、最初から。

と。

ただ500年前に生まれて、

何を残すこともなく消えただけの存在…

ーーここで目が覚めたときも同じだった。

©Nihon Falcom

彼女が、エリュシオンによって生み出された存在であることを言うOzXXと一行。

しかし、その目的が何なのか……と言っていると、ロイドさんが

……多分、その姿自体に

意味があるんじゃないか?

と言います。

《零の御子》として生まれた彼女を

模倣して造られた、君だからこその。

と。

そして、女の子はここには、役目を終えた因果が行き着く最果ての一つだと言います。

ここには、自分自身の因果を解いてしまった存在の、因果のカケラが僅かだけ残されていた

と。

©Nihon Falcom

何かよく分からないんですけど、みんながやはり……とか、そういうことだったのね、と納得し始めます。

まって、まだ全然意味わかんない!(笑)

えーっと、あ、そうかキーアちゃんはそもそも、デミウルゴスを再現して造られた零の御子だったから、元々の幻の至宝が彼女ってことか……な?

ルティナちゃんの成長

©Nihon Falcom

何か結局意味が分からないまま会話が続き、取りあえずOzXXが抑えているから、均衡は保たれるとのことで、”彼女”が目覚めることもない、とのこと。

OzXXは、自分が抑え込んでいる限り問題は起きず、一行には何もしなくて良い、と再び言います。

あなた達にとっては、夢か幻のできごとなのだから、と。

うーん、キーアちゃんの時と同じってことでしょうか。

一人の女の子が我慢すれば、みんなが幸せでいられる、というか。

©Nihon Falcom

すると、アルティナちゃんが、あなたはそれでいいんですか? と問いかけます。

たしかに、現実世界に戻れば

わたしたちはここでのことは忘れます。

ですが、あなたがここに残り続けるという

”問題”が変わらないーー

本当に、それでいいんですか?

と。

OzXXは、あなたたちには関係ない、と答えてから

これは元々起きなかったはずの出来事で、

私は元々存在しなかったはずのもの。

そんな幻想に拘る必要なんてーー

と言いかけますが、アルティナちゃんは首を横に振って、貴女の気持ちを聞いてるんです、と伝えます。

おお、何か閃の軌跡3のはじめに、リィン教官からアルティナちゃんが言われていたことのようです。

©Nihon Falcom

と思ったら、アルティナちゃんが自分も最初はそうだったことを言い、教官が、わたし自身がどうしたいのか、を問いかけ続けてくれたと微笑んで言います。

何か大型アップデートにて突然の主役ですね!

驚くリィン君を見上げたまま、アルティナちゃんは

それが、きっと”自分”にとって

一番大切なことだからと。

と言います。

©Nihon Falcom

アルティナちゃんの成長を驚き、喜ばしく思っているような表情のリィン君。

あれ、これもう特別な絆とか必要あります?(笑)

アルティナちゃん、すっかりリィン教官のパートナー枠を確立したなあ……。

今後もリィン君が続編に出たとしても、お供はアルティナちゃんでしょうね。

あなたは、昔のわたしです。

なんともないような顔をして、実は

自分の気持ちに気づいていないだけの……

そんなあなたを放って、

現実世界に帰ってしまうなんてことーー

できるわけがありません。

と彼女に向けて告げるアルティナちゃん。

それにしたって、同じOzのミリアムは黙ってるなあと思ってましたが、ミリアムはアルティナちゃんと違って、最初から天真爛漫でしたしね。

分の願い・手を伸ばしてくれる人たち

©Nihon Falcom

動揺するように、目を伏せるOzXXに、ラピスが言います。

ーーいいんだよ。

祈ったって、願ったって。

私もルーファスたちと出会って、

それを知ることができたから。

伸ばした手を掴んでくれる人はいるーー

今、あなたの前にだって。

か、可愛いなー。

好き!!!(うるさい)

©Nihon Falcom

どうしてあなたたちはそこまで……と動揺するOzXXに、キーアちゃんは

強いていうなら

”出会ったから”、かな。

とほほえみかけます。

©Nihon Falcom

こうして会って、話して、背景を知った今、

キーアたちはもう無関係じゃない。

困っているなら支えてあげたいーー

それは普通のことなんじゃないかな?

たとえ別れることになったとしても……

一度も笑顔を見れないままなんて、

イヤだもんね。

キーアちゃんらしいなあ、というか。

キーアちゃんたちにとっては、「笑顔」がキーワードなのかな。

ラピスは、手を伸ばしてくれる存在。

アルティナちゃんは、「自分」がどうしたいか。

©Nihon Falcom

ロイドさんは

そんな顔をした女の子が目の前にいるーー

ここまで来た理由としては十分だろう。

と言います。

何か碧でも同じこと言ってたなあとしみじみと。

©Nihon Falcom

みんなが好き勝手言うものだから(笑)、OzXXが動揺してしまって、突然光り出すプレロマ草。

それに呼応して、何かが目覚めてしまうようですが……?

©Nihon Falcom

しかし、みんな冷静に、そしてOzXXを痛ましそうに見つめてます。

えええ、スゴいな。

根性つきましたねー。

そして、彼女にもう無理をしなくていいんだよと語りかけます。

微妙に長くなったので次へ続きます。

日本ファルコム公式 英雄伝説 創の軌跡 ザ・コンプリートガイド

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告