【創の軌跡・ネタバレ感想25】Episode「逃げ道、わき道、続く道」

©Nihon Falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡・ネタバレ感想25】Episode「逃げ道、わき道、続く道」

ようやくミニゲームやエピソードを着手。

まじかるアリサは……うん。

苦行を強いられている気分(笑)

あ、でも分校制服黒いバージョンは可愛いかな?

VMもポムっともかなり苦手だ……。

軌跡でポンっはやさしいレベルは大丈夫ですが、この先はやばそう。

ネタバレしていますので、ご注意ください。

ルバードからやってきた二人

©Nihon Falcom

組織の追っ手から逃れてクロスベルに到着したスウィンとナーディア。

追って来た「棘」のやつらはねちっこくて嫌い~と言うナーディアに、だったら、自分たちのいた「剣」も含めて、どれが嫌いじゃないのか聞きたい、と問うスウィン君。

ナーディアは、すーちゃん以外嫌い、と言ってスウィンがだよな、と答えたのにビックリしてもだえた(笑)

え、当たり前のように……!

タイトルが出ますが、背景が何だか空の軌跡っぽくて素敵。

©Nihon Falcom

その頃、アルカンシェルへ特集のための取材に訪れているグレイスさん。

シュリも取材されるということで、慣れないシュリはちょっと気後れ気味のようです。

と9って組織出版だったの?

©Nihon Falcom

一方その頃、百貨店でお買い物中のふたり。

本屋さんで3と9を見つけます。

ここでも売ってるね、とうんざりした様子。

しかも、新装版です。

ナーディアはヒロインが可愛かったからね~と満足げ。

もちろん、主人公もかっこよかったよ、と。

殺し屋の少年とパートナーの少女が組織を裏切って脱走するお話。

なにが面白いのか分からないと言うスウィン君。

しかし過去の因縁がまとわりつき、さらに恐ろしい組織の幹部が二人を襲う……と語るナーディア。

続くのかよ、と突っ込むスウィンに、ナーディアは

©Nihon Falcom

艱難辛苦の果て、幹部を倒した二人はついに自由を手に入れる。

やがて二人は結ばれ、幸せな家庭を築きましたとさ

と、笑顔。

すぐに、いや最後の展開はないから、と言われてしまいます。

え、ないの!?

しかも3と9は組織が出版した本だったようです。

そして、構成員に向けての手配書としての役割もある様子。

ベストセラーになってしまって、そのおかげで何回も追い回されているのだとか。

ナーディアはひとこと言いたい、と力強く拳を握り

なーちゃんたちにも印税よこせー

と叫ぶのでした。

ルカンシェルへ潜入

©Nihon Falcom

それから、外に出たふたり。

そろそろ出発しようと言うスウィンに、遊びに行こうと言うナーディア。

カルバードではトラブル続きだったので、ナーディアのお願いにより半日は休息ということになりました。

さてどこへ行くかというと、MWLでもなく、アルカンシェルへ。

今日は公演日ではないはずですが、潜入あるのみ!だそうです。

©Nihon Falcom

一方、練習中のシュリちゃん。

踊り終わると、グレイスさんがインタビューをしようとしています。

そこへ、こっそり潜入したふたりが。

ふたりがのぞいていると、イリアさんが舞台へと降り立ち、舞い出します。

©Nihon Falcom

おお、変な踊り子姉ちゃんじゃないの久々に見た気が(笑)

グレイスさんはイリアさんが二年で復帰したことに対して「不死鳥の舞姫」だと言っています。
イリアさんも乗り気で、不死鳥のように激しく燃えながら舞い上げてみせましょう、と張り切っています。

なにがどうなって、宵闇の舞姫になったんだか。

ルバードへの布石が色々?

©Nihon Falcom

踊り始めるイリアさんを見ながら、蒼の歌姫と並ぶスターと言うスウィン君。

ナーディアは、この二年間イリアさんの活動が少なかったことを言い、そういう意味では最近はカルバードの映画女優の方が熱いかな、と言っています。

映画自体は、共和国にしかないものだとか。

©Nihon Falcom

おお、新しく大統領になった人と言い、映画女優といい、やたらと布石を打ってきていますね。

そうこうしていると、リーシャも舞台に参加。

踊り始めます。

ていうか、尻……!!(笑)

舞台衣装の方が結構見えてる。

リーシャの踊りを見ながら、何故か銀のことを言うふたり。

銀=リーシャってもう知ってるような口ぶりですね?

©Nihon Falcom

そして、リーシャの身体能力はダンサーとしては過剰だ、と言うスウィン君。

そうこう話していると、様子がおかしくなるナーディア。

銀が追っ手だと思っている様子?

うつろな瞳で、第七条三項……脅威は先に……排除すべし……と。

ふと顔を上げるナーディアを止めるスウィン。

その殺気に、リーシャも気づいたようです。

ウィンとナーディアが可愛すぎる

©Nihon Falcom

そして突然場面は変わり、クロスベル大聖堂から出てくる2人。

エンペラーのアーティファクト「照臨のレガリア」のパーツを敷地内においたようです。

ああ、そうか、アーティファクトなので教会に回収されるんですね。

これで因縁ともおさらばだ、と語るスウィンに、うつむいたまま、さっきはごめん、と謝るナーディア。

すーちゃんが止めなかったら、ヤバいことになってたかも……と。

ああ、殺す気満々でしたもんね。

そして、ナーディアは銀を見て動揺した、と。

あれ、リーシャ=銀って知ってるんですね。ふつうに。

せっかく一緒に逃げ出したのに、こんなんじゃダメ……と落ち込むナーディア。

スウィンは息をついてから、そうでもない、と言います。

©Nihon Falcom

そして、頭をなでて、お前はゆるくやってるくらいがちょうどいい、と。

でないと、こっちの調子が狂うからな、と。

©Nihon Falcom

でも、と口を開くナーディアに、問題ない、オレが、守るから、と告げるスウィン。

可愛すぎません!????(悶え)

ナーディアは調子を取り戻し、むしろ昼寝だけの日々を送りたいと言い出します。

月の僧院に、依頼のトランクを取りに行こうとするふたり。

と9 VS 銀

©Nihon Falcom

その時、リーシャが2人の前に降り立ちます。

リーシャは、2人が銀に恨みがある組織から放たれた刺客だと思っている様子。

2人も、リーシャがまだ殺し屋だと思っているようです。

双方誤解したまま、バトル突入。

スウィンとナーディアでリーシャを迎え撃ちます。

HPを半分くらい減らすとバトル終了。

©Nihon Falcom

ようやく全力を出すリーシャに、レベルの違いを感じる二人。

スウィンは前に出て、自分が彼女を引きつけるから、その隙にお前だけでも逃げろ、とナーディアに言います。

しかし、ナーディアは静かにそれはだめだよ、と言います。

©Nihon Falcom

言ったはずでしょう?

なーちゃんを一人にするのは許さないって。

それに、私たちはパートナー。

一人で勝てなくても、二人ならー

そうだな……二人なら、どんな相手にも負ける気はしない!!

なーちゃん達は、最強のコンビなんだから!

いや、さっきから可愛すぎる……!!!

リーシャも、私も譲るわけにはいきません!と闘志をみなぎらせています。

それはこちらも同じだ、と言うスウィン。

だから、

死にたくなかったら、退いてくれ!/退いてください!

とふたりの声が重なります。

そして間があって、え?となる両者。

して、和解と意気投合

©Nihon Falcom

双方の誤解が解け、平謝りのリーシャに、何だか意外と言う二人。

伝説の凶手だから、もっと冷酷な人かと思っていた、と。

リーシャは仕事はまだしも普段からこんな風だ、と言っています。

そういえば、銀のイメージもうあんまりありませんね……。

©Nihon Falcom

そして、お腹が空いたというナーディアに、リーシャは私がおごりますから一緒にご飯に行きましょう、おいしいお店を知ってるんですよ、と誘ってくれ、龍老飯店へ。

殺し屋として生きてきた、という生い立ちも似ている3人はすぐに意気投合した様子。

組織から逃げてきたことまで喋っています。

©Nihon Falcom

スウィン君は、もう殺しはしない、そう決めたんだ、と告げています。

としての生き方

©Nihon Falcom

リーちゃんは、と聞かれて、私は……と答えにつまるリーシャ。

ふたりと違って、リーシャは無理矢理させられたわけではない。

なんの感慨もなく銀をこなしてきた。

それから、前の銀に戻りたいのか、と尋ねられて、リーシャは戻りたいわけではない、と語ります。

今のアルカンシェルの一員としての自分は、大切な人たちからもらったかけがえのないものだから、と。

なにがあっても、失いたくない、と。

父から、そして代々継承という形で続いてきた銀。

そこに意味があったのではないか。

そう思うと、銀を捨てることなんてできなくて。

自分なりの銀を見つける

そう考えていたはずなのに、今はかえって答えが遠のいたような気さえして……

悩むリーシャに、スウィン君はそれでいいじゃないか?と告げます。

曖昧なままでも、あんたは自分の進むべき道を分かっているはずだ。

けれど、リーシャは半端な気持ちで闇の世界に戻るなんて……と言います。

ナーディアは、そのままでいいんじゃないかな、と言います

©Nihon Falcom

この世は理不尽で満ちている。

法に守られた悪人。

そういう時、正義だけではどうしようもないことが出てくる。

だからこそ、銀のような闇の住人が必要なんじゃないかな?

光の側にいながら、闇の生き方を貫く……とか。

©Nihon Falcom

そして、スウィン君は、ひたすら光の道を走る英雄が存在するとしても、きっとこれは彼らにはできないことだ。

彼らの代わりに、誰かがやらなければいけないんだと思う、と言います。

なんて、そもそもそんな奴らをオレは知らないけどな、と。

©Nihon Falcom

その言葉に、リーシャはロイドを思い浮かべます。

決意したように目を伏せて、ほほえむリーシャ。

不思議に思うナーディアに、リーシャは、お陰で、何かが見えた気がしただけ、と答えます。

©Nihon Falcom

リーシャは

そうね、こんな私にしかできないこと。

私だからできることー

そして、心の中で、

「あの人」の行く道の助けになるなら……

と目を伏せて思います。

あれ、もうロイド決定なのか?

別れの時・またいつか……

©Nihon Falcom

そして、別れの時。

リーシャは、似た過去を持ち、けれど違う道を進む私たち……もう会うことはないかもしれないと思うとちょっと寂しいかな、と別れを惜しみます。

スウィンは違う道でも、どこかで交わることもあるかもしれない、人生ってわからないものだから、と大人な発言です。

©Nihon Falcom

そして、アルカンシェルの舞台を今度は正面から見に来るね、と言うナーディア。

リーシャはとっておきの演技でお迎えしますね、と笑顔で告げるのでした。

方その頃、宵闇の舞姫が誕生する

©Nihon Falcom

その頃、グレイスさんの取材が終わって控え室に戻るイリアさん。

そこにはプレゼントらしきものが置いてあります。

ファンからのプレゼントかしら、と箱をあけると、そこにあったのは……。

おおお、先に見ておくべきエピソードでした(笑)

やっぱり、タイミング的にちょうどいいところで解放されているようなので、ちゃんと見ないとダメですね。

英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA- 公式ビジュアルコレクション

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告