【創の軌跡・ネタバレ感想6】ロイドルートchapter1終了。やっぱり感が半端ない

©Nihon Falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡・ネタバレ感想6】ロイドルートchapter1終了。やっぱり感が半端ない

ほーら、やっぱりね、という展開に(笑)

クロスベルはなかなか平穏になりませんねー。

ネタバレしていますのでご注意ください。

イドさんの恋愛事情

©Nihon Falcom

ジオフロントの攻略を進めていくと、協力してくれている3人に感謝を述べるロイドさん。

水臭いですよ、と言ってくれる3人に、まだまだスタートラインだから俺たち次第と決意するロイドさんでした。

で、お決まりの恋愛事情の探りが入ります(笑)

ワジ君が、この2年間でいったい誰と進展したんだい?と聞いてきます。

リーシャともノエルとも、ティオともエリィともいい感じだったんじゃない?と聞いてきて

それぞれの女性陣が、えっと……みたいにモジモジなります。

©Nihon Falcom

そこへきて、ワジ君がそれとも、僕の帰りを待っていてくれたのかな?とからかうので、ロイドさんは近い近いと大慌てです。

うーん、今回、本当に誰を選ぼうかなーと悩み中です。

リーシャは好きですけど、リーシャの太陽はやっぱりイリアさんですし、ノエルさんはワジ君とのやりとりが楽しいし……。

ティオちゃんは単体で好きですし……。

しっくりくるのはエリィなんでしょうけど、別にエリィでなくともいいかなーとか思ってしまって。

碧の時もエリィ選んだんですけど、ランディ兄貴にすればよかったなーと思ったぐらいなので、今回もランディで落ち着く可能性大です。

ロイドさんはセシル姉とかキーアちゃんがいいんじゃないでしょうか(極端)

の登場?

©Nihon Falcom

ノエルさんの終了後ポーズ、可愛すぎません!?特に尻(←

ジオフロント最奥に行くと、強化人形兵器と戦闘に。

衛士隊の忘れ物らしいですが。

ベリーイージーでもそこそこ硬いですが、Sクラ使わずに終わってしまった。

意識して使わないと、カットイン見忘れるので使わないとです。

©Nihon Falcom

倒すと、自爆する!となって、ロイドさんだけが人影(C?)のような物を見ます。

自爆しようとした時に、ちょうどティオちゃんとランディ兄貴が助けに来てくれました。

Cに気づいていたのは、ロイドさんだけだったので、ロイドさんも見間違いか?と思っていったん終了。

そのままキーアちゃんと課長が待つ支援課へ帰って、みんなでご飯を食べることに。

久しぶりの全員そろっての食事に、みなさんちょっとうきうきしてます。

そういえば、帰りはまじめに歩いて帰ったのですが、スキップすればよかったです(笑)

かんだ幸せ

©Nihon Falcom

支援課に戻ると、みなさん、支援課の前で待っています。

何やら大人数……と思っていたら、キーアちゃんがお昼ご飯に招待したとのこと。

何人かは用事で来れなかったようです。

©Nihon Falcom

ロイドは穏やかなこの時間を、言葉に言い表せないほど幸せに感じている様子。

©Nihon Falcom

2年間のつらい日々でしたが、つかみ取った幸せをそれぞれに感じているようです。

©Nihon Falcom

それにしても、離婚したっていうのにお二人の関係性が非常に……!

でも、確かに夫婦状態だとうまく行かないかもね(笑)

調印式が始まる……が、やっぱり来たか!

©Nihon Falcom

さまざまな場所で、調印式を見届ける面々。

アリサ、マキアス、トワ、シャロンはパン屋さんの前で。

エステルたちは遊撃士協会で。

アガット、ティータ、エリカさんはIBCビル内で。

クロスベルにいるんだから、直接行けばいいのではと思わなくもないですけど(笑)

マクダエル議長の演説に拍手が起こり、自治州へと歩み出すために署名をしようとしたところ……

©Nihon Falcom

はい来たー

ルーファス元総督のおでましです。

しかも、練度の高い衛士隊を連れているようで、警察官が次々やられていきます。

クロスベルの警備ガバガバかよ!

みんな苦戦を強いられており、ルーファスはマクダエル議長の元へ。

©Nihon Falcom

こんな形ではなく、もっとふさわしい形で歩み出すべきだ。

オズボーン閣下の遺志を果たすために、「子供たち」の最後の仕事としてやって来た、と。

©Nihon Falcom

さらに、モブすぎてわかりませんでしたが、黒い衣装の衛士隊(単純に帝国軍の服の一部が黒い?)は、実はプロローグで戦ったモブ衛士隊だったことが判明。

©Nihon Falcom

何も届いていなかったのか、と悔しそうにするロイド。

だったら、何度でも壁を乗り越えてみせる!とバトルが始まります。

何回も見尽くした展開のはずなのに、今だにワクワクしてしまう自分……(お安いなあ)

雄はもはや必要ない

©Nihon Falcom

黒の衛士隊と呼ばれる彼らは、一か月前とくらべものにならないほど強くなっており、お決まりの「つ、強い……!」からのぜーはーポーズで苦戦を強いられています。

いや、余裕で勝ったよ?!

支援課は市民の応援を受け、絶対に負けられないと奮起。

「俺たち」がクロスベルを守ってみせる!というロイド。

それを見たルーファスは、滑稽で憐れだと言ってのけます。

©Nihon Falcom

支援課にすがる市民も、支援課自身も憐れだ、と。

うーん、すこしルーファスさんの言い分も分かる感じもしますけどねー。

VII組の時も思ったんですけど、何でいっかいのクラスとか、警察官が国とかクロスベルを「自分たちが」って思っちゃうのか、ちょっと……と言う気はちょいちょいしますし。

警察官はまだ国の治安を守ってるから、零・碧のクロスベルを「守る」というストーリーは納得できたんですが、「独立」という大きなものを、なぜ「支援課」が成し遂げねばと思っているのか、なぜ市民が支援課にそれを期待するのか、がちょっと引っかかる部分もあります。

もう警察官の範疇超えてない?と思ってしまって。

同じく「帝国の命運」を「クラス」が担うのはもっと妙な気もしてましたけど……。

それを「クラス」に任せる帝国民もどうなんだ?と。

遊撃士とか、教会騎士とかはそもそも、世界で活躍している人たちなので、大きな物を背負ったり巻き込まれたとしても、違和感はないんですけど。

……と、まあ、わざわざ、支援課を「歪み」と言わせるのですから、それを理解してのストーリー展開だと言う気がしないでもないです。

納得させてくれるんじゃないか、と期待大なのですが!

ロスベル統一国+怪しげな面子

©Nihon Falcom

ルーファスと戦うことになりますが、7人でもなすすべもなく一瞬でほふられます。

いやだから、クレアさんと言い、黄昏の時のどんだけ手ぇぬいてたんだ!

がんばって、という声援を受け、ロイドは奮起。

©Nihon Falcom

君は間違いなく英雄だと言われますが、もはや必要のない存在であり、舞台から退場してもらおう、と一騎打ち。

しかし、あっけなくルーファスさんの前に倒れてしまうのでした。

しかも、息してないみたいなんですけど、ロイドさんまさかの本当に退場?

いやいや。

ロイドがやられてしまい、市民にもいよいよ動揺が走っています。

いやーべつに支援課って武術の達人とかでもないような……。

©Nihon Falcom

そこへ、ルーファスさんはもはや支援課や警備隊すら必要ないと言い、これからは彼らがクロスベルを守る、と愉快な仲間たちが登場。

エンペラー、ガルシア、ディーター元大統領、そして……

©Nihon Falcom

いや、まんまイリアさんじゃね?

前のシーンから、やたらイリアさんは個人練習とか、用事があっていない、とか妙なフラグ立ててましたが。

まさかのリハビリの結果すら、謎の力を得たことによるあれなのでしょうか。

©Nihon Falcom

ルーファスはさらに演説をすすめ、クロスベルは始まりの地として、相応しいと語ります。

市民の賛同が得られるならば、自分は「クロスベル総督」を名乗り、再びみんなを導こうというつもりらしいです。

賛同えられるのか……?と思いきや、黄昏の時のように、今度は黒いモヤが黒い衛士隊だけでなく、クロスベル市民に取り付き、正気を奪っていきます。

そして、衛士隊の声のもとルーファスコールが市民から巻き起こり、支援課はすっかり忘れられた存在に。

©Nihon Falcom

それぞれの場所で映像を見ていたメンバーも駆けつけますが、もはやすでに遅し。

ルーファスコールが巻き起こる中、ルーファスは意気揚々と

大陸を統一する中心の地、クロスベル統一国

の独立を宣言するのでした。

いやー相かわらずのこの展開、好きですよ。

軌跡シリーズの曲はAmazon primeで聞き放題です。

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告