【創の軌跡・ネタバレ感想3】クロスベル探索+リィンルート即行開始!!

©Nihon Falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡・ネタバレ感想3】クロスベル探索+リィンルート即行開始!!

省エネ設定になっていたので、ユミル訪問中にPS4の電源が落ちているという……。

クロスベル探索はまだ3分の1ぐらいです。

クロスストーリー使用できるようになって、すぐさまリィン君に交代です!

ネタバレしていますのでご注意ください。

ウナちゃんのおうちへ

©Nihon Falcom

そういえば、ロイドの家は引き払ったとのことでした。

とりあえず同じアパートのユウナちゃんのおうちへ。

すると、お父さんとお母さんがコーヒータイムです。

お父さんはなにやらミシュラムに出勤はしないものの、ミニイベントのようなのをやるとのことで、まだ出勤に余裕がある様子。

ふたりとも、ユウナちゃんの成長を誇らしく思っているようです。

そして、教官の故郷へ行っている、との情報。

ユミルに帰ってるのは知ってましたけど、早く見たいんですけど!!!

エリゼを早く!!

©Nihon Falcom

ユウナちゃんの双子の弟と妹も、調印式やらアルカンシェルやらを楽しみにしている様子。
うーん、軌跡においてはめずらしく、ごくごく一般家庭って感じで落ち着きます。

シュバルツァー家並に好きです。

ンちゃんのご一家

©Nihon Falcom

ハロルドさんも無事大戦から戻ったようで、仕事も軌道に乗っているようです。

クロスベル市内で話を聞いている限り、帝国の状況ってかなり思わしくないような。

レンちゃんは、何とヘイワーズ一家とご飯を食べたらしいです。

今度はレンの家族、エステルとヨシュアとカシウスもかな?とも、ご飯を食べるとのこと。

まだ本当のことは伝えてないみたいですが、今後も伝える気はないのかな……。

ロインズの優雅なティータイム

©Nihon Falcom

エリィ、アリサ、トワ、マクダエル議長、シャロンさんという組み合わせで、シャロンの淹れた紅茶を飲んで休憩中です。

ロイドたちもご一緒させてもらうことに。

©Nihon Falcom

それぞれがクロスベルの再独立に力を貸してくれているとのこと。

感謝してもしきれないエリィに、アリサやトワ会長は、自分が力になりたかったから、と言っています。

©Nihon Falcom

そして、アリサはエリィに今後も友人として仲良くしてほしい、と申し出て、エリィも応じます。

その様子を見て、帝国とクロスベルも仲良くできそうだと思う面々。

©Nihon Falcom

そういえば……とワジ君がトールズの関係者が手伝ってくれていることに気づき、その重心は彼だと言い出すロイド君。

再独立にはリィン君の力なくしてーとかやたら持ち上げられる、灰色の騎士様。

え、そんなに活躍してたっけ……!?

ほめすぎじゃない!?(笑)

絆イベントでいちゃいちゃしたり、絆イベントでいちゃいちゃしたり、絆イベントじゃなくてもいちゃいちゃしたり、してたイメージしか……(笑)

と言ってますけど、リィン君のことは、可愛い子ほど憎たらしい精神なので、実はけっこう好きなんですよ!(小学生)

この会話の後、ようやくリィン君の「クロスストーリー」が解放されました。

Cルートはまだのようです。

普通にロイドルートばっかりだったので、クロスストーリーどうなってるんだ?と思ってました。

ィンルートへ即行変えます

©Nihon Falcom

即行変えたら、突然、ユミルの雪山にてリィン君とクルト君が、クルトパパとバトッてて、クルト君が吹っ飛ばされ、崖から落っこちた……!!!

と思ったら、ユウナちゃんとアルティナちゃんもクレアさんに追い込まれてピンチに。

大人たちの容赦のない攻撃に、成すすべもない2組です。

それぞれ強いとか、もてはやされてたような気もしますが、大人の力にはまったくかなわない様子。

クレアさんとか、黄昏の時、手加減してたの?というぐらいの強さなのですが。

ミルだー!

©Nihon Falcom

どうしてこんなことに……と、ユウナちゃんが言うと回想が始まって、ユミルに新VII組とクレアさんが降り立ちます。

ユミルだー!!!!(なぜかユミル好きすぎな人)

©Nihon Falcom

ユミルの景色に感想を述べる面々。

©Nihon Falcom

ミュゼはリィン君に恋人ができても、まだその恋人の立場狙っていくスタイル崩さないのね?

それでこそミュゼとも言えます。

しかし、うちのリィン君はようやく閃の軌跡4で彼女持ちです!

それまでは、うちのリィン君の本命が選べなかったので、誰も選ばないルートばかりだったので……(もしくは野郎共といちゃいちゃしている)

しかし、誰も選ばないルートの朴念仁で突っ走った方が、一番ストーリー的にもしっくり来たという。

©Nihon Falcom

なにやらアルティナちゃんが浮かない顔をしているのに、みんな内戦時の話とか普通にしちゃってますけど!(地雷原)

あの時、シュバルツァー男爵大けがしましたからね……。

アルティナちゃんも何やら思い悩んでいる様子です。

©Nihon Falcom

シュバツルァー男爵夫妻にご挨拶に伺うことに。

なぜか緊張するユウナちゃん。

どんなご挨拶がいいかしら?と相変わらずのミュゼ。

「武勇伝」を語ってやろうか、とからかう気満々のアッシュ。

個性的な教え子たちを連れ、リィン教官は実家へ戻ります。

ィン教官のご実家へ

©Nihon Falcom

実家に着くと、メイドさんが出迎えてくれます。
幼なじみとのことで、あれ……?なムードが流れる教え子たち。

ユミルの女性陣が、リィン君に惚れてない……

とみなさん、リィン君のこと何だと思っているのか!(笑)

エリゼ先輩に遠慮していたのでは、と言いますが、これは自分のルートだからなのか、普通に言う台詞なのかな?

©Nihon Falcom

ん?シュバルツァー男爵の声変わっちゃってません?

森川さん大歓迎ですけど、八葉の先輩から引っ張ってくるとは!(笑)

ルシアママは変わってない?ようなので、声優さんの都合なのでしょうか。

閃の軌跡4の絆イベントで喋ってませんでしたっけ?

好き過ぎて、ドラマCDの声で脳内再生していた気がします……(怖)

©Nihon Falcom

エリゼは忙しくて帰郷できていないようです。

なーんだ、最初から一緒にいるのかと思ったのですが、残念ですね。

ということは、ユミルで家族一緒のところは見れないのでしょうか……!!

一家がそろうの、楽しみにしてたのにー。

エリゼのことは安心してほしいと両親に告げるリィン君。

©Nihon Falcom

いや、おまえが不逞の輩だよ!!!(爆笑)

うちのリィン君の恋人はエリゼです。

なるべく目を光らせてるって恋人としての意味にもとれますけどね。

©Nihon Falcom

過保護ぶりが心配、とか新VII組の面々からエリゼも大変とか言われてます。

うーん、恋人設定にしては?という台詞ですが。

逆に、リィン君にべつに恋人がいるのであれば、もうやめてあげてねと思いますけど……。

あなたに恋人がいるのならば、いい加減、恋人作ってもいいでしょうよ。

……とはいえ、うちのリィン君の恋人はずーっとエリゼなので、もうここはエリゼとの恋人設定を楽しませていただきたいと思ってます!

そういえば、今のところご両親がふたりの仲にふれるところはありません。

え子紹介

©Nihon Falcom

クルト君、類まれな資質を持っていると紹介されていた様子。

シュバルツァー男爵からも、驕らない態度が良いと好感触。

いやークルト君好きです!

ユウナちゃんといい感じのシーンをお願いしたいですが……。

©Nihon Falcom

アッシュさん、敬語敬語!!!

君はどこまでいっても不遜だなー。

©Nihon Falcom

ミュゼさんは変わらずで、そりゃあそうかもですが、ミルディーヌ公女であることはご存知の様子。

というか、エリゼはミルディーヌ公女の先輩でしたから、その時点で知っているわけですね。

お父様(ハート)とぶっこんできますが、まあ、それでこそミュゼさん。

©Nihon Falcom

ユウナちゃんはひた向きさで、みんなを引っ張っていてくれる存在、と伝えられていたらしく、みんなの前で言われて、ちょっと照れています。

ユウナちゃん可愛い!

©Nihon Falcom

最後に自己紹介をしたのは、アルティナちゃんです。

本来自分は、ここに招かれざる者だと言います。

2年前にアルフィン皇女とエリゼを拉致した張本人である、と。

リィン君はアルティナちゃんは、「そこまで気にしていたんだな……」って思ってますけど、気にするでしょうよ!

それでも、シュバルツァー夫妻から、政府の要請であちこち行っていた際のサポートに感謝され、自分の意志で新VII組にいることを告げ、ようやく内戦時のモヤモヤを取っ払うことができたようです。

雪解けの帰郷て、雪解けにはアルティナちゃんも含まれているような気もしますね。

英雄伝説 閃の軌跡III スーパープライス

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告