【閃の軌跡4・ネタバレプレイ感想34】好感度MAXイベントまとめ2

©falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡4・ネタバレプレイ感想34】好感度MAXイベントまとめ2

好感度MAXイベントの続き。

+クレアさんとのイベント。

全て通常verです。

トワ会長とアルフィン皇女は恋愛フラグが立ってしまったので2週目持ち来しです。

ネタバレしていますのでご注意ください。

ロウ好感度MAX

©falcom

クロウとは鏡の城に行って占いをしてもらいました。

ギャンブル運を占ってもらうということを言っていたのですが、それは明日の戦いに全てを「賭ける」という意味だったようです。

ベリルはもちろん見抜いており、「女神が微笑むのは捨て身の精神ではなく、強い意志から生まれた行動だ」と占いを伝えます。

それを聞いたクロウは、自分らしく最後まで仲間を支えるのだと言うのでした。

©falcom

クロウは「こんな風に過ごせるのはこれで最後だ」と言います。

先輩として支えるつもりが、逆に助けられていた、と。

そして、成長したリィン君と肩を並べて明日を迎えられることを誇りに思うと伝えるのでした。

確かにクロウは摂理に反する存在なので、黄昏が終われば再び消えてしまうのは流れ。

けれども、「明日を乗り越えよう」とふたりで誓うのでした。

ラ好感度MAX

©falcom

サラ教官とは観覧車に乗ってみました。

アリサ以外だと、リィン君がそんなに詩人(笑)にならないので良かったです。

またスピリタスを飲んだ夜のように、ふたりで一緒にお酒を飲もうと約束するのでした。

©falcom

帰り道、サラ教官は「今までありがとう」と言います。

これで最後のような言い方なので、縁起でもない展開でもあるのか、と思ってしまいましたが。

特にリィン君にはみっともないところを見せてきた、というサラ教官。

それでも、ひとりの人間として一緒に成長できたと言います。

そして、特にリィン君は若いのだから「ちゃんと戻らないとね」と伝えるのでした。

リーヌ好感度MAX

©falcom

セリーヌとは鏡の城に行ってみました。

ベリルには使命について占ってもらいます。

ただしその使命も、明日の行く末では無に帰す可能性すらあるのだとか。

どういう意味なんでしょう。

魔女という存在がどうにかなるとか、そういうことでしょうか?

さらに、ベリルに大切な人たちを最後まで支え続けなさいと言われ、セリーヌも最後まで見守るとリィン君に伝えるのでした。

©falcom

セリーヌは今までありがとう、と言います。

最初は使命として支えていたけれど、リィン君と共にここまで来れてよかった、と。

リィン君は最初の頃はすれ違ってたのが懐かしい、と言いますが、閃の軌跡2の冒頭のところでしょうか。

そういえば、珍しくカリカリした様子のリィン君が面白かったですが。

そして、エリゼを危ない目に遭わせたのであたりが強かったとかもありましたけど。

確かに懐かしいですね(笑)

そして、避けてきた人間の姿も、今となっては誇らしく思えると言い、最後までVII組の一員として最後まで見届けると伝えるのでした。

ュバリイ好感度MAX

©falcom

デュバリィちゃんとは花火をしました。

火の勢いが強いと戸惑うデュバリィちゃんが可愛かったです。

そしてツンデレを発揮(笑)

©falcom

デュバリィちゃんもリィン君に感謝を述べます。

全員感謝してるな。

色々あったけれど、仲間になったことは結果としてよかった、と。

成長し、本当の意味でアリアンロードと向き合うことができ、そして、一回り大きくなった姿を見てもらえた、と晴れやかな顔で伝えます。

マスター大好きっこでしたし、亡くなった時は涙していましたが、ようやく向き合えたといった感じでしょうか。

そして、アリアンロードの意思を継ぎ、これから始まろうとしている理不尽な戦いを止めてみせると誓うのでした。

レアとのイベント

©falcom

クレアさんにプレゼントを贈っていたので、連絡が来ます。

湿地帯にということでリィン君が一人で赴くと、新しい衣装に身を包んだクレアさんが。

ピッチピチスーツだなと思ってたら、リィン君、即行突っ込んでました。

しかも何気に気に入ったらしいです(笑)

鉄血の子供改め「鉄血の騎士」の装束らしいですが、鉄血の騎士って何なんでしょう。

そういえば、セドリックの渾名みたいなのもまだ出てきてないような。

©falcom

お互いに最後の機会を与えに来たと言い、リィン君に銃を向けるクレアさん。

リィン君を拘束して無理矢理相克の場にあてがうこともできる、そして、リィン君はクレアさんを亡き者にすれば、駒をひとつ減らすことができると言います。

しかしリィン君は、どんな顔をして立ちはだかろうともみんなクレアさんが大好きだと告げます。

クレアさんは銃を握りしめて、ミリアムを見殺しにして黄昏に加担し続ける自分を赦さないでほしいとつらそうな表情で言います。

©falcom

すると、ミリアムが現れてクレアさんを諫めます。

ミリアムの姿を見たクレアさんは安堵。

そういえば、顕現できるようになったの知らなかったようです。

良かったと言いますが、よかったんでしょうか?

生きているという状態でもないと思うんですが、ミリアムも新しい器でも作ってもらって、それに入るのかな?

©falcom

明日は相克を盛り上げる駒の一人として、容赦はしないと伝えるクレアさん。

心からの笑顔を残して去っていくのでした。

うーん、私的にはクレアさんとレクターにはもうちょっと色々あってほしいというか。

敵なのになぜ仲間のような顔してくるのか、ちょっと理解が……?

というか、みんな物分かりがいいというか、懐が広いというか。

嫌いになれない、とリィン君たちは言いますけど、鉄血の子供たちに関しては好感度下がり気味です。

ちょっとどういう立ち位置で敵サイドについているのか、よく分からなくなってきたというか……。

次に対峙する時は納得できるぐらいに、まとめてほしいなあと思います。

他のキャラはこちらから

全て通常ver。トワ会長とアルフィンは通常verが見たいので持ち越しです。


英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA- オリジナルサウンドトラック

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告