【黎の軌跡・ネタバレ感想123】幼馴染組の尊すぎる共闘!!悪たれヴァンさんの異変

©Nihon Falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡・ネタバレ感想123】幼馴染組の尊すぎる共闘!!悪たれヴァンさんの異変

幼馴染組推しには尊すぎる時間です。

黎・軌跡シリーズのネタバレをしていますのでご注意ください。

エレインもアニエスも甲乙つけがたくしてくるのツライ……!

選べない(何)

下からモラトリアムしてる言われる大人

©Nihon Falcom

一方キンケイドサイド。

アーロンが、ヴァンさんはモラトリアムを続けているようにしか見えない、と言います。

ヴァンさんは同性も視野に……!? アニエスのモヤモヤは晴れるのか。 リゼットさんは大人だなあー。

まあーそれ前作でさんざんやってたんで、そこら辺はサクっと片づけてくれていいかな(笑)

そういう点ではアーロンってめちゃくちゃスゴい子だと思います。

だからこそ、ヴァンさん、終章のはじめで生意気って思ったんでしょうね。

助手たちの方がヴァンさんを理解している件について。 パート1はアーロン、ジュディス、リゼットさん。

©Nihon Falcom

フェリちゃんもモラトリアムはよく分からないけれど、自分捜し、に同意していて、フェリちゃんにまで見透かされている所長さんよ……と思いました(笑)

でもフェリちゃん可愛い!

アニエスは苦笑いしながらも、もうちょっと色々あると思うけれど、信じています、と言います。

ちゃんと向き合ってくれるって、と。

©Nihon Falcom

私たちに対してというとり、

他ならぬ、ヴァンさん自身に対して。

としっかりした表情で告げるのでした。

©Nihon Falcom

アーロンはナマ言いやがってと言いますが、ルネは、ヤツには何よりも効く言葉かもしれんな、と笑みを浮かべます。

そして、7年前に同じことが言えていたら――と思い浮かべつつも、いや、繰言か、と考えるのでした。

うーん、同級生ぐらいじゃ言えないかもしれないですね。

助手達だからこそ、ズカズカ突っ込んでいけるところもあるというか。

やっぱり仲がいいからこそ言えない、踏み込めないところもありますし……。

事務所のメンバーの仲が良くない、とかではなく、しがらみがない関係だからこそ、言えることがあるという意味で。

家族や友人だと、逆に言えないことってありますし。

あと、その時のヴァンさんに言えたのかなっていうのもありますよね。

今のヴァンさんだから手を差し伸べられる、というか。

さらに言うと、エステルみたいにハチャメチャに空気読まず(良い意味で)追いかけていける子がだったら違ったんでしょうけど、まあ、ああいう話は一度で良いかと思います。

エステルの引っ張ってく太陽なところは、みんなの救いですけど、そればっかりじゃね。

ニエスのヒロイン力のすごさよ

©Nihon Falcom

んーしかし、アニエスのヒロイン力よ。

やっぱりメインヒロインだなあーってしみじみ思っちゃいます。

ある意味、アニエスは太陽というより、光属性って感じのヒロインだよなあーと思います。

もしくは聖属性っぽいというか。

今よくはやりの悪役令嬢とヒロインみたいなやつ(もう遅めか)

それから、ルネは何としてもヴァンたちより先にたどり着かなくてはな、と発破をかけて、アーロンもフェリちゃんもそれに乗っかります。

©Nihon Falcom

もう……と言いつつも、アニエスは

でも会いたいな……

早くヴァンさんたちに。

と思うのでした。

ここ、ヴァンさんに、じゃないの重要だと思うんですよね。

早く事務所のみんなに会いたいって想っているところ。

れる高位悪魔と、ヴァンさんの動揺

©Nihon Falcom

それから、合流してお互いの無事を喜ぶ仲間達ですが、半グレやマフィアたちが、もういないボスやメルキオルにおびえて妙なことに。

©Nihon Falcom

そしてそこへ現れたのは、禍々しい悪魔の魔獣。

高位属性の悪魔のようで、何か失われた単語のようなものをまた発しています。

©Nihon Falcom

すると、ヴァンさんの身体の中で何かが脈打ちます。

さらに、思い出される過去?の記憶のような映像。

おい、またまたリィン君ですか。

©Nihon Falcom

顔を歪め、動揺するヴァンさんを不思議に見つめるアニエスですが、ルネが

©Nihon Falcom

シャキっとしろ――悪たれヴァン!!

と声を張り上げます。

おーこれで、3人が幼い頃に何て呼び合っていたのかわかりましたね。

悪たれヴァン、エレ公、ルネ坊ちゃんか……。

尊い……(今そんなタイミング違う)

ヴァンさんは、わーってるっつの、ルネ坊ちゃん!

©Nihon Falcom

と何とか気を取り戻し、一行もそれぞれ、禍々しい存在に飲まれまいとバトル開始です。

っと共闘する幼馴染3人組

©Nihon Falcom

そして戦いが終わると、半グレたちの恐怖?を吸い取って、別の悪魔が登場。

多数の敵に取り囲まれてしまい、ヴァンさんは覚悟を決め、グレンデル化を決意をした様子。

うーん、やっぱりルネとかエレインには見せたくないんだろうなあ、きっと。

お前に見せるのは初めてか、と言っていると、しかし、そこへ素敵大塚ボイスが響きわたり、師父が再び敵を吹っ飛ばしてます。

毎回吹っ飛ばすな(笑)

そして、XEROS君も駆けつけてくれました。

あれ、そういえば、カトル君のクラフトあんまり使ってなかったけど、XEROS君絡みのクラフトってちゃんと使えたんだろうか。

そしてさらに、加勢するわ、と現れたのは……。

©Nihon Falcom

エレイン来たぁぁぁぁぁ!!!(うるさい)

ヴァンさん呆けてんのおもしろ(笑)

©Nihon Falcom

急いで片づけてきたらしく、本当は帰ってくるのは明日だったはずなのですが、現時点でつけられるケジメはつけてきた、と凛とした佇まいで告げるエレイン。

そして、貴方たちばかりに良い格好はさせない、とちょっと微笑んで加勢してくれます。

©Nihon Falcom

相変わらずの負けず嫌い、とか言われてて、もう幼馴染組のやりとりが尊すぎる……!!!

というか、ようやくの3人共闘かよ……!!!(鼻血)

プロモにあったみたいに、3人でダンジョン攻略はなさそうですが、まあ、それは次回作への期待ということで。

取りあえず、幼馴染組にはジュディスをつけました。(何か適当に選んだ)

そして、それぞれのバトルが始まります。

れぞれでバトル開始!

©Nihon Falcom

最初は、アニエス、フェリちゃん、リゼットさんになりました。

え……女の子3人だけとか尊い……!!(常に尊い)

あと男性3人組(ベルガルド先生、アーロン、カトル君)もよきでした。

幼馴染組はディレイ食らっちゃって、ジュディスがタイラントストームぶちかましたらほとんどやることなくなった……。

でも、ふたりの前でグレンデル化はしたかったので、なるべくヴァンさんの番が回ってくるのを待ってから倒しました(笑)

馴染組尊い・アニエスの淡いモヤモヤ?

©Nihon Falcom

敵を掃討し終わると、悪魔が消えて眷属たちも消えていきました。

ベルガルド先生が聖典に記された悪魔のことを言ってきますが……そういえば、ちょいちょい出てきますが、この悪魔とやらもハッキリしてないような……。

ケビンの頃から言ってるよなあ?

黄昏の話も出てきますが、共和国でも出現が確認されていたとのこと。

しかし、何故この場に現れたのかは謎のようです。

まあ、終章ですからとんでもないことが起こるのは間違いなし(笑)

©Nihon Falcom

取りあえず、一段落ということでベルガルド先生が誉めてくれます。

というか、MVP取りたかったんだが、もう無理かなー先生。

©Nihon Falcom

それから、視線を交わしあって笑いあう幼馴染組。

©Nihon Falcom

アニエスが無言で物言いたげにその三人を見つめています。

最近、ほんと隠さないよね(笑)

©Nihon Falcom

そこへジュディスがやって来て、羨ましい?と気を遣った様子で尋ねました。
はい、ちょっとだけ、と苦笑しながら答えるアニエス。

©Nihon Falcom

……でも良かったです。

7年越しみたいですから、と。

©Nihon Falcom

ジュディスも笑って応じながら、ふと、あの状態になっちゃったけどセーフよね、とか考えてますけど、一応、その状態(グリムキャッツ)にはならないで戦ってたけどね?(笑)

痴女グリムキャッツはドジっ子可愛い。アニエスの正体気になるー。

そういえば、ビジュアルコレクションのBlu-rayやらふつうに閃の絵師さんが描いてらっしゃって、アニエス可愛い!てなりました。(閃絵師さん好き)

英雄伝説 黎の軌跡 公式ビジュアルコレクション

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告