【黎の軌跡・ネタバレ感想104】Chaosに耐えられなくてLaw上げたらイベントの長さが全然違った件

©Nihon Falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡・ネタバレ感想104】Chaosに耐えられなくてLaw上げたらイベントの長さが全然違った件

Chaosのバッドルート感に耐えられませんでした(笑)

軌跡シリーズに影響されちゃってるなあ。

というわけで、やり直しの所長。

黎・軌跡シリーズのネタバレをしていますのでご注意ください。

前回からの続き。

痴話げんか尊すぎかよ。 完全にバッドルートですよ感かもしてくる。

ンペラー(本物)登場してる

©Nihon Falcom

願うままイシュタンティに刺されたオランピアですが、突然始まる過去語り。

オランピアが住んでいた村で、崇められていたイシュタンティ。

何故かオランピアだけは、イシュタンティの声が聞こえていたとのこと。

よく分かりませんが、村の子供を捧げてて自分の番になった時、ご両親が抵抗して殺されてしまい、そこでイシュタンティと同調してしまったオランピア。

そこからは、殺戮の日々。

©Nihon Falcom

そして、オランピアはエンペラーに見つけられて、庭園に入ったのですね。

ていうか、まさかのエンペラー出演!!(笑)

あ、しかも創は偽物のエンペラーだから、本物が出たのは初めてなのか?

さりげなく脱走者(すーちゃん、なーちゃん)の話も出ています。

エンペラーの死に何も感じなかったと言うものの、彼の言葉を思い出したというオランピア。

君は幼子のようなもので、喜怒哀楽を感じられるようになって、初めて”生き始める”だろう、と。

しかし、イシュタンティがいる限り無理だろうとも言っています。

©Nihon Falcom

そして、オランピアはこれで何も感じなくてすむ、とイシュタンティにお礼を言って事切れます。

主を失い、彼女に重なるように崩れ落ちるイシュタンティ。

ふたりの在り方を示しているようです。

©Nihon Falcom

リゼットさんは彼女の死を悼み、ヴァンさんは届かなかった自分の手を見つめ、何をやっているんだ俺は、と悔しそうに考えています。

©Nihon Falcom

そして、アニエスもベルガルド師父も、ヴァンさんに対して思うところがある様子。

いや、何かChaosあげたいとか思ってごめんなさい……!!!

え、ヴァンさん何やってんの? みたいな空気になってるんですけど。

外れ選択してない? みたいな空気耐えられない。

何この、Chaosあげたいがために選んだらバッドな選択みたいな雰囲気。

耐えられねーよ(笑)

うーん、やり直す……?

いやでも、どうせ2週はするし……それなら、全員生かす未来を2週目にした方が引き継ぎがまだマシになりそうな気も。

でも、生かすも殺すもプレーヤー次第ってことは、次作の登場も台詞がちょっと変わるぐらいのことだと思いますし……。

長はロード機能を使った! 男にだけ厳しい所長になった!

©Nihon Falcom

何か耐えられなかったので、ロードすることに。

もう消えてしまいたい――と、イシュタンティに死を願うオランピア。

そしてヴァンさんの選択は……

イシュタンティを止めにはいるヴァンさんと、リゼットさん。

アニエスが驚き、オランピアもどうして、と驚いています。

ヴァンさんは、せっかく取り戻したのに、簡単に手放そうとするなと一喝。

そして、

©Nihon Falcom

辛ぇだろうしキツいだろう!

だがそれがお前が生きてきた”世界”だ!

と諭します。

©Nihon Falcom

さらにリゼットさんも、貴女はここからだ、と励ましました。

そして、イシュタンティが殺戮モードになり、再びのバトル。

リゼットさんがオランピアに感情移入しているのが良きです。

©Nihon Falcom

ジュディスもフェリちゃんも、参戦してきて可愛い!

やっぱり軌跡的展開はこっちなんだよなあ……とか思ってしまいますね。

何か、明らかに見捨てた、みたいになって後味悪かったもんなあ……さっきは。

そしてここでアライメントが出ますが……

©Nihon Falcom

いやもう、MAXなんだってば!!

グレーな職場とか行ってたヴァンさんですが、どこがだよ状態。

うちの所長は徳ばかり積んでます(笑)

イシュタンティ戦こなすと、結構経験値入るので、結果こっちの方が良かったかもしれません。
Lawはいらんけど(笑)

そして、戦闘後、先ほどのオランピアの過去語り。

エンペラーの台詞からすると、ようやく”生き始める”オランピアなので、やっぱり選択肢的にこっちがストーリーとしては合っているような気もしますね……。

でも大量虐殺(アイーダさんも)している身ですし、その咎に耐えられるのかって言う……。

ああーでもよくよく考えれば、元執行者組も大量に殺戮してきてそうですけれども……。

ヨシュア、レン、シャロンさんあたり。

を背負って生きる人生・ストーリー的にこっちでは……

©Nihon Falcom

そして、イシュタンティが崩れ落ちます。

私を置いていかないで……! と倒れた人形に悲痛に叫ぶオランピア。

©Nihon Falcom

感情なんて、と言うオランピアに、ヴァンさんは背を向けたまま、天使様はもういない、と告げます。

オランピアを覆ってくれた殻も。

それからオランピアを振り返り、

これからは自分で世界に接して、世界を感じろ。

もうお前さんは、一人の人間だ。

と伝えますが、オランピアがやってきたことを考えると、オランピアのそんなこと……という台詞も理解できるというものです。

しかし、リゼットさんが歩み寄り、大丈夫、と穏やかに微笑みかけます。

©Nihon Falcom

かつて喪った私ですら、取り戻すことができたのだから、と。

あれ、ストーリー的に完全にこっちじゃん?(笑)

ゼットさんからの言葉は重たい

©Nihon Falcom

そして、

貴女には自分の目と耳が、手と足が、

世界の全てを感じる手段があります。

少しずつでもそれを通じて

生きている実感を取り戻してください。

と告げるリゼットさん。

優しく微笑み

――貴女は生きているのですから。

と。

喪った人の言葉ですから、説得力がありますね……。

リゼットさんは亡くなったわけではないんでしょうけれども、ほとんどそれに近い状態だったってことなんでしょうか……。

あ、そうか、コネクトイベントのコーヒーが熱い問題もありましたし、一度はほとんどの五感を失ってはいそうですね。

あれ、でも爆発に巻き込まれた時は痛がってましたが……。

四章・リゼット、ジュディスのコネクトイベント。 ジュディスがさすがのトップスター。

©Nihon Falcom

オランピアは、リゼットさんの言葉に気づかされたように、こんなにも悲しくて苦しいのに、生きている、と呟きます。

そして確かめるように繰り返し、

生きているんですね……

と理解した様子で、リゼットさんを見つめて告げるオランピア。

待って、ストーリー的に絶対こっち(笑)

アレクサンドルだけ逝ってしまわれた……。

次回は生かそう(決意)

でも、アレクサンドルの方は、Chaosでもまあまあストーリー良かったけどなあ。

そして、気を失ってしまうオランピア。

一同はオランピアを見守りながら、ヴァンさんが、彼女の時間はここから始まる、と言います。

いやもう、本当にストーリー的にこっち(笑)

Pokémon LEGENDS アルセウス – Switch (【Amazon.co.jpオリジナル特典】着物セット ガブリアスが先行入手できるコード配信)|オンラインコード版

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告