【創の軌跡・ネタバレ感想73】Episode「そして、乙女は剣を手に進み続ける」

©Nihon Falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡・ネタバレ感想73】Episode「そして、乙女は剣を手に進み続ける」

改めて見直しましたので、別で感想を今更(笑)

黎の三章始まり時点で書いてますので、微妙にわかってるところもあり、わかってないところもあり。

黎、軌跡シリーズのネタバレをしていますのでご注意ください。

級への推薦

©Nihon Falcom

何度もエレインにレマンから届くA級への推薦。

きっぱりと断るエレイン。

ジンさんは困り顔のようです。

高等学校を卒業してから~……なので、卒業後すぐに遊撃士になっているんですね。

このタイミング(三章開始)で見ているので、きっと先ではもっと色々エレインについても分かっているんでしょうけれども。

エレインは目立つのがイヤということで、あれ、生徒会長とかやってたんじゃなかったですっけ?

これはネタバレ見てちょっと知った感じですけど。

立候補しただけ?

でも美しいですし、目立つのも分かる気がしますー。

そして、この段階でも映画祭のお話が出ていたんですね。

創を作る段階では、当たり前ですがもう黎はだいぶできあがっているのかあー。

帝国からの賠償金によって、かつてない成長をしている共和国では、色々な組織、マフィアも含めて活発になり、それこそ様々なことが起こると見込まれる。

そのため、エレインにA級のお話が……さらにはジンさんへのS級の話に及びます。

ジンさん、空でもあんまり使ってなったから強さがイマイチわからん(笑)

そして、今やS級とか言われても仲間にもいるやらで希少価値下がった感あるんですよねえ。

そしてA級なんてもう、もっと下がった(笑)

私は、私のまま。

という言葉がちょっと気になります。

者かになりたいと思っていた頃

©Nihon Falcom

何者かになりたいと、そう思っていた。

子供の頃に、そう思ったと言うエレイン。

ヴァンが時折みる悪夢っぽいイラストと関係あるんでしょうか?

何者かになれたと、そう感じていた。

忘れもしない、高等学校の頃だ。

©Nihon Falcom

思わぬ再会ってことは、幼なじみ組ってずっと一緒にいたと思ってたのですが、一緒にいたり、離れたりしてた年月があるんですねー。

大切なものを手に入れて、の大切なものが気になりますが……恋人ってことでしょうか(笑)

©Nihon Falcom

そして、離された手は、ヴァンのことなのでしょうね。

オークレールは有名なお菓子メーカーらしいですが、やっぱりですが、お嬢様でしょうし、家からは遊撃士になることは反対されていたようですね。

ルモッティの存在感

©Nihon Falcom

ここですでに存在感出してた(笑)

ベルモッティさん、出てたんですね。

そしてエレイン、クロスベル支部に手伝いに来ていたとは!

確かにクロスベルの受付の方とはじゃっかんかぶってます(笑)

エレインはベルモッティに情報を聞きにも来ていたようで、しかし芳しい情報はないようです。

ディンゴの名前も出てますが、こちらはまあ、レンちゃんの方で顔出しされてますし。

ここで薬物のお話と、兄妹の失踪事件について語られます。

そして、名前は出てこずとも黒月の反発する反対勢力=アルマータのことも。

エレインは、遊撃士ならではのやり方では今回の事件が解決できないことに、少々焦り(苛立ち?)のような物を感じているようです。

して、幼なじみ

©Nihon Falcom

遊撃士では解決できない……とつぶやいた時に、思い出したのはヴァンのこと。

その近況について、エレインも知っているようです。

まだ三章なので、何故ヴァンがエレインたちの前から消えたのかは分からず。

早く知りたいです。

帰ってきたのに会いにも来ないことに、憤りを隠せないエレイン。

何で会いにこないのよ、と怒っています。

いや、もうヒロイン過ぎません?(何)

アニエスがヒロインなんですけど、恋愛ヒロインは選べるならエレイン選びたいなー。

©Nihon Falcom

そして、こぼれた言葉が

なんで……どうして私を置いて行っちゃうの……

って、いつものエレインの凛とした雰囲気からは考えられない言葉が可愛すぎます!

ンケイド登場

©Nihon Falcom

そこへルネがやってきて、エレインの隣に座ります。

ていうか、今さらなんですけど

1個年上だったんですね!?

驚きました(笑)

そして、キンケイドは

それぞれ目指す方向を進んでいけば、いずれ道が交わることもある、とエレインに金言を。

それぞれ、裏家業、遊撃士、CIDで出会いましたねー。

CIDは「大統領の意向」で動くとなると、いずれキンケイドとは対立関係に陥りそうな気もするのですが……。

今作(黎)で露呈するのか否か、どうなのでしょう。

イケメン眼鏡、キンケイドさっそく登場。 閃の軌跡4で出てきたCIDのお姉さんも登場。

時代は今、新たな英雄を求めている、というキンケイドなのですが、共和国にとっての英雄ってグラムハート大統領なのかと思ってました。

それよりももっと、灰色の騎士みたいな目に見える武力的な物?

キンケイドはエレインに情報をくれ、ようやくエレインは遊撃士として今回の事件のために動けるようになったみたいです。

でに出ていた<<A>>

©Nihon Falcom

エレインが乗り込んだのは、犯罪組織のアジト。

構成員はセミプロ……そういえば、幹部は強いっぽいですが、今でも所詮出てくるのは半グレばっかりで戦闘においては素人ばっかりですもんね。

エレインには敵でも何でもなく、圧倒的多数でも簡単にやられちゃっています。

しかし、エレイン、お菓子メーカーのお嬢様なのになぜこんなに強いんでしょうか?

その辺は明かされるのかな?

リーダーらしき人物を見つけて、詰め寄るエレイン。

その口から、<<A>>の言葉が。

ぜんっぜん覚えてませんでした(笑)

あ、既にここでAって言ってたんだ。

そして、廊下の方から届く不快な音。

黎では結構人死にしてますが、この時からもうその傾向が。

文章だけでも、ものすごい惨劇感が伝わってきます。

というか、文章の方がより凄惨なような……。

スとエレインとの邂逅

©Nihon Falcom

ここでボスが登場します。

下請けらしい人たちを一人残らず、惨たらしくやってしまったようです。

まあ、裏社会の人間なので、このぐらいがふつうなのかもしれませんが……。

ボスの獲物は十字型の大剣とのことですが、まだボスに黎で出会ってないので、どんな人なのか想像もできません。

エレインは自分より実力が上だと感じつつも、ここで逃がすわけにはいかないと攻撃を続けます

取ったと思ったのもつかの間、見透かされていたように攻撃され、吹き飛ばされてしまうエレイン。

それはまるで「理」に至った達人を思わせるようで……。

って、理に至った人多すぎだろ!!

怖の支配

©Nihon Falcom

ボスの姿は見えないながらも、恐怖なしでは世界は成り立たないと、逆しまのバネルをあげて愉しげに語ります。

そして、ボスはなにやら転位で去っていてしまったようです。

転位できる人も多すぎじゃない!?(笑)

ボス、実は結社なの?

しのエレインに傷がぁぁあ

©Nihon Falcom

兄妹のいる部屋にたどり着くと、ふたりに近づくエレイン。

しかし、エレインの背後からナイフで切りつけようとする妹。

エレインはその刃を素手で受け止めます。

どうやら、助けに来た者に刃を向けろと恐怖で支配されてしまっていたようです。

しかし、エレイン、素手で刃を止めたせいで血が出てしまっています。

遊撃士なら怪我はこの先も避けられないことですけど、麗しいエレインに傷が!

©Nihon Falcom

恥ずかしい渾名って……アーロンにもオバハンとは言われちゃってますし。

しかし、渾名ってどうやって決まるんでしょうね?

誰かが呼び始めるんでしょうけど、この世界の人やたら渾名多いし。

剣の乙女がおばさんなら、氷の乙女も鋼の聖女も色々ヤバいだろう。

エレインが雑誌やらに出ていたおかげで、妹はエレインが遊撃士だと気づいて、ようやく正気を取り戻したようです。

この名前が聞こえる限り、私があなた達の傍にいる限り、必ずあなた達を守るから

エレインの言葉がカッコいい!

れ、この曲って……

©Nihon Falcom

エレインの語りとともに流れる音楽ですが……あれ、これって黎で流れている曲ですよね?

創の時点でもう流れてたんですね。

下請けのヤツらは、兄妹をさらって、例の暗殺組織のようにこどもを暗殺者に育て上げようとしていたとのこと。

例の暗殺組織っていうと、すーちゃんとなーちゃんのいた組織のことでしょうか。

前を歩くヴァンの背中を見つめるエレイン。

そして、道が先でひとつに重なっているのが印象的な絵です。

そして絵師さんによって、後ろ姿でも印象が全然違うなあと(笑)

ヴァンも線が細く見えますね。

閃の絵師さん?が描かれたヴァンとアニエスを見ましたが(歴代ファルコム、ヒーローヒロインズ勢ぞろいの)、エレインもぜひ描いてほしいなあと思います。

ていうか、また零から碧の時みたいに絵師さん変わるんじゃないかと想像……。

先に進もうと決めたエレインと、その先で出会うヴァンのお話やいかに……。

英雄伝説 創の軌跡 公式ビジュアルコレクション

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告