【黎の軌跡】軌跡シリーズ後半戦いよいよ開幕!舞台はカルバードへ……

©Nihon Falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡】軌跡シリーズ後半戦いよいよ開幕!舞台はカルバードへ……

そういえば創も何個か書いてないのがあったというのに、まさかの来年発売とは……!!

自分の中でシュバルツァー家の家族旅行素敵すぎて時が止まってました。

まさかのまだ本とか、Episodeとかやってないのありますからね!

黎発売までにボチボチやります。

ヒロインっぽい子はカルバードで東方風って感じより帝国人っぽい見た目ですね?

別の国から来てる子とかなんでしょうか……。

軌跡シリーズのネタバレを含みますのでご注意ください。

台は満を持してカルバード共和国へ

©Nihon Falcom

裏解決屋スプリガン』――

カルバード共和国という多様性の坩堝るつぼから生まれた、ある種の“裏稼業”。

ある時は 探偵 ディテクティブとして、ある時は 交渉人 ネゴシエイターとして、またある時は 賞金稼ぎ バウンティハンターとして、彼らはどんな、そして誰からの依頼でも受ける。

警察では扱い切れない依頼の下請け、市民からの“表沙汰にできない”相談事、さらには犯罪者やアンダーグラウンド勢力の“真っ当な”依頼も。

それが、『裏解決屋』と呼ばれる彼らの流儀であった。

時に、七耀暦1208年――

共和国首都・旧市街にある古ぼけた雑居ビルを名門校の制服に身を包んだ、いかにも育ちの良さそうなひとりの女生徒が訪れていた。

『アークライド解決事務所』

素っ気ない文字で書かれたそのプレートを、凛とした眼差しで見つめる少女。

コクンと喉を鳴らし、意を決してノックを3回。

…………

『~ふわああっ、昼前に珍しいな……』

だらしないようで落ち着いた、大人びているようで意外と若い男の声が響き、ドアノブがゆっくりと回り出す。

――ここから、新たな “軌跡”ものがたり が始まる。

公式サイトより引用

いよいよカルバード共和国……ということですが、やっぱりシュバルツァー家の家族旅行で出てきた人たち……姫とかは、敵サイドって感じなんでしょうか。

まさかのリィン君登場もあり?

でも、そこまでだ! 展開はもうお腹いっぱいなので、過去作主人公登場は創で終わったと考えたいですね……。

いや出たら出たで嬉しいんですけど、さすがにもういいかなー。

見かけたりしたらそれこそ歓喜して、話しかけまくりますけどね!!

でもケビンとリースの不遇にはちょっと泣きましたけど……。(ケビリス好き)

リースは別に声優さんならば流行りの無限列車にだって出ていらっしゃったんだから、声優さんの都合とかそういうことはないと思うんですけど。

©Nihon Falcom

武器は何だろう?

剣のようにも見えますけど、斬るより打つの方が適しているような感じにも見えますし。

というか、若干スウィン君の青い恰好とかぶっているような気がしないでもない。

でもリィン君のコートがそのまま青くなったように見えなくもない(笑)

そういえば、ヒロインっぽい子も白のコートがリィン君やらに似ている気がしないでもない。

絵師さんはまた閃と創と同じ方なのでしょうか?

美麗なキャライラストが楽しみです。

それにしても、今度の主人公はだいぶ動けそうな職業(?)なのでちょっと安心しました。

やっぱり遊撃士並みにあちこち首突っ込んでいける職業じゃないと、ちょっと話動かないかなあと思うので。

しかし、幅が広すぎる職業みたいですが……。

遊撃士の裏稼業版って感じでしょうか。

ちょっと猟兵に近そうな感じもしますが、要するになんでも屋さんってことですね。

顔が出てないので、どんな主人公なのか楽しみですが黒髪である程度の年齢っぽい?

さすがに職業柄20歳は越えてきそうな感じですが……。

そして、ロイド君とリィン君のいわゆるハーレム主人公っぽい天然タラシな感じよりは、ちょっと漢らしい雰囲気を受けますけど、どうですかね……。

ふたりはふたりで好きですけど、そろそろこう……タラシじゃなくて、むしろ不愛想っぽい人も欲しいところですけど、最近の傾向だとあんまりはやらないのかな?

イメージイラストでは、謎のイケオジッぽい見た目の人の手の上に、何か妖精さんみたいな不釣り合いなのがいるように見えるんですけど……!?

大統領なんでしょうか?

Episodeでは怪しい感じ満載でしたが、この人が敵となるとまた話が長くなりそうですね……。

って読むっけ?

©Nihon Falcom

……と思いまして、調べてみましたら訓読みで

黎い(くろい)

と読むみたいなので、当て字ではないみたいですね。

意味は

くろい。色がくろい。また、くらい。

もろもろ。おおい。たくさん。

ころあい。しおどき。

とのことで、「黎明」あたりから来てるのかな……とは思うのですが、閃もまあそこまで深くストーリーとかかわっていたような、なかったようなという感じだったので、イメージとしてのタイトル文字なのかなとか勝手に思ってます。

跡シリーズもいよいよ後半戦へ・2021年発売!

ようやく後半戦なんかーい! という感じなので、軌跡シリーズはまだまだ続きそうですけど、一年ごとに出してもらわないともう話忘れまくってます……。

那由多も改が出るそうですが、剣を振り回しまくった記憶しか残ってないんだよ!(下手くそ)

あと、最初から友達? が怪しすぎた記憶しか。

そして、さっそくネットに上がる

どうせブツ切り鬱エンド

の声(笑)

分かりすぎて笑ってしまいました。

なので様子見って方も多そうですけど、自分は鬱展開でも買っちゃう軌跡信者なのが悲しい……!!!

鬱展開でも次待つのが楽しいってどんだけドM……!!

とにかく可愛い女の子期待してます!!!

ヒロインっぽい子はアリサっぽくもあり、ティータちゃんっぽくもありって感じですが、杖のような武器を持ってるので、アーツ系なのかな?

あと、絆はもういいよ……と思いつつも、どうせ絆だろうし、せっかくだから楽しむ方向性で行きたいと思います。

絆のおかげで、閃はずっと推しだったふたりをひっつけられましたしね!

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告