【創の軌跡・ネタバレ感想50】Episode「同窓の標」

©Nihon Falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡・ネタバレ感想50】Episode「同窓の標」

ルーシー先輩、空の軌跡3rdの時の3頭身、制服姿、可愛かったなあ……。

ネタバレしていますので、ご注意ください。

手に花

©Nihon Falcom

オリビエとシェラ姉を見たすぐだったので、何の因果か再び舞台はカレル離宮。

レクターがカレル離宮を訪れています。

アイツら怒ってるかね?と。

©Nihon Falcom

相変わらずお美しいルーシー先輩!

けど、空の絵の時も可愛かったです。

©Nihon Falcom

そして、こちらも美しいクローゼが再びオリビエとシェラ姉のエピソードでトランクが置いてあった場所でお茶をしています。

あ、ちゃんとジークもいますね。

レクターが訪れると、またすっぽかされたのかと思ってルーシー先輩と話していた、と言うクローゼ。

©Nihon Falcom

ルーシー先輩は今度約束を破ったら……と言いつつ、レクターをすっかり見つめてしまい、頬を染め、た、ただじゃ済まさないから……とトーンダウンしてしまいました。

ここの2人も空時代から好きだなあ……。

そういえば、この三人、みんな出身国が違うんですね。

そう考えるとスゴいなあと思います。

クローゼはオリビエの結婚式の後に滞在して公務をこなしていたようで、今日帰国するようです。

ルーシー先輩は、レミフェリア大使館に用事があったのだとか。

クローゼはジルとハンスからの伝言を伝えています。

生徒会メンバーのことが語られ、フルメンバーでの同窓会も現実的になってきたんでしょうか。

©Nihon Falcom

笑いあっていると、ふと、ルーシー先輩が本当に良かったわ、帰ってきてくれて……と言います。

クローゼも、こうしてまた心から笑って話せるなんて……としんみりしています。

ようやく永い呪いが解けた――

そんな気さえします。

と心からの笑顔で言うクローゼ。

あー確かに、妄執に縛られてたのかな。

大戦を引き起こした側なんだがなあ、と苦笑するレクターに、私たちに「立場」は関係ないとクローゼが言います。

さらに、ルーシー先輩は

悪いと思うなら、

せめて善行を積んで私たちを安心させるべきでしょうね。

と追い打ちをかけてきます。

レクターは頭をかき、ジェニス王立学園を潜入先に選んだのは失敗だったかね、とぼやきます。

その時、レクターのアークスに着信が入り、雑用ができたからと行ってしまいます。

©Nihon Falcom

また戻ってくる気はあるようですが、忙しそうなレクターを心配そうに見送る2人。

そして、どこかレクターらしくない、と語っています。

されてるレクター

©Nihon Falcom

同日朝のこと……。

情報局の人々が何やら打ち合わせ中です。

モブ顔にヒューバート少佐とちゃんと名前が付いているのですが、何か役どころがちゃんとあるのでしょうか。

会議は思わしくなく、しかも局長からこの再編に至った経緯は誰のせいだと、レクターが責められているようです。

存在が空気らしいですが、クレアさんと違ってだいぶボッコボコにやられているようですね。

とうとう会議からも締め出しをくらってしまっています。

けれども、ヒューバート少佐だけは心配してくれていました。

何この人、いい人だ!

将来的に顔ができるのでしょうか(笑)

会議が終わると、やっぱりヒューバートはレクターを心配して声をかけてくれました。

一応、気心知れた仲のようです。

情報局の再編について話している2人の元に、局長が通りかかると、局長はレクターへクロスベルへ行って調印式前の情勢を探るように言ってきます。

単純に厄介払いしたいようですが、それだけでしょうか?

車の中で、思いに耽る

©Nihon Falcom

クロスベルへ向かう列車。

ミリアムも一緒に乗っています。

ミリアムが戻ったのはレクターには予想外だったようですが、アルティナちゃんは軍属から外れた様子。

ミリアムはクロスベルまで行くのかと思いきや、レクターからの手紙を預かってトリスタで降りていきました。

何やら、本校に用事があるようです。

ミリアムが行ってしまうと、子供たち、について考えているレクター。

これで良かったのかもな、と。

©Nihon Falcom

そして、ギリアス・オズボーンについて思いを馳せます。

史上最悪の人物であり、人生を破滅に追い込まれた人は大勢いる、と。

自分もそうだけれど、それはどうでもいいことだ……と。

オズボーン閣下は鉄血陣営が何を目指すのか決して語らず、それは、クレアもルーファスも知らなかったこと。

けれど、レクターは15年前の春、初めて出会った時からその本質が見えていた、と。

恐らくオッサンも感じていたんだろう……

俺たちが同じ”本質を見抜き”、

”達成する方法が分かる”力を持っていることに。

だが全てを諦めて消えることを選んだ俺とは違い……

オッサンは”デカい目的”を成すために

その力を最大限に活かして突き進んでいた。

ある意味、親父からの手紙よりも

それを知った方が衝撃だったかもしれないな。

俺にはできなかった生き方を見せられて

純粋に興味を抱かざるを得なかったって所か……

事実、ギリアス・オズボーンは

決して”非道”じゃなかったんだろう。

むしろ愛する国を、人々を

救おうとする慈愛に溢れ――

しかし表向きは非情であり続けていた。

にしたって、非情すぎじゃありません!?(笑)

何人破滅させたら気が済むんだってレベルに恨み買ってますし……。

どこまで自我があって、どこがイシュなのかが知りたかったなあ。

レクターはさらに思い返します。

覇道を推し進めるために必要だった

っつーだけじゃなさそうだ。

恐らく、そう生きるしかない事情……

自身すらその信念に

呑み込ませる事によって、

崩壊寸前の自我を保ち続け――

いつとぎれるかも分からない精神で

ただひたすらに、前へと進み続ける。

己の全て、可能性の全てを投げうってでも

ただ1つの夢を叶えるために――

……それがオッサンの”道”に

他ならないからだろう。

と。

そして、レクターは思います。

オズボーン閣下が自身の道を違えたとき、何らかの形で崩壊した時、ちゃんと殺して止める、

それが自分がそばにいる”意味”だ。

子供たちになるときに、そう決めたのだ、と。

そして、それが、実の父を止められなかった自分がこの世界に存在する理由だろう、と。

あールーファスさんとは別で、やっぱりレクターもオズボーン閣下のそばにいることを、自分の存在意義だと思ってた口だったんですね……。

だからこそ、ルーファスさんとレクターも戦後は腑抜けっつーか。

男性ならでは、というところなのでしょうか。

特に、ふたりとも「本物」にやられちゃったのが痛かったかなあ。

しかし、ちゃんとした理由がしっかり語られたのはようやく、なような。

空の時代から、この人は何なんだろうーとワクワクしてたものですけどね。

そして、レクターもまた、ルーファスと同じで大きな存在を失い、自分の存在意義を見失っているようです。

んまと騙された……!

©Nihon Falcom

レクターは眠ってしまっていたようですが、目を覚ますと、背後に座っている人物に視線を向けます。

駅に着く前の方が

仕掛けやすくておススメだぜ~?

と。

と思ったら、乗ってた人全員でしたか!

すっかり取り囲まれてしまうレクター。

©Nihon Falcom

そして、レクターをヤるためにやってきたのは、なんとヒューバート!

マジか、ショックです!

しかも、レクターが回避できないよう、しっかり飛空艇からの攻撃まで用意してあります。

どうやら局長からの指示ではない様子。

俺の首を手土産にしたい場所があるって所か、とレクターも言います。

そして、CIDとかな、と。

図星だったようで、驚くヒューバートたち。

しかし、さよならレクター煉獄を楽しんできてくれ、と飛空艇へ攻撃を指示。

©Nihon Falcom

けれど、銃弾はレクターを傷つけることができず、何とミリアムが守ってくれていました。

そして、あの手紙は学院宛ではなく、ミリアムへの指示だったようです。

激高するヒューバートが、レクターへ銃を向けます。

レクターはまあ座れよ……と促し、自分の首以外にも手土産はある、そう3ヶ月前に立ち上がった、「新情報局」とかな、と言った途端に、車両の中に入ってくる数人の男性たち。

すげぇモブですが、どうやらその新情報局とやらの人たちなのでしょうか?

かなりの手練れのようです。

自分をどうするつもりだ、と言うヒューバートに、どうもしないと言うレクター。

そして、

強いて言うなら……そうだな。

予定通りCIDに

行ってくれると

有難いけどな~。

と。

けれど、このゴタゴタを知ったら、CIDもヒューバートが三重スパイであると思われるだろう、と。

©Nihon Falcom

はっとするヒューバートは、いつから知っていた、と問いかけます。

レクターは少し悲しそうに、最初からさ、ヒューバートと答えるのでした。

やがて寝返るだろう事は分かっていた、と。

その言葉に、おまえは鉄血のクソ野郎と同じだと叫ぶヒューバート。

うーん、悲しい能力ですねえ。

©Nihon Falcom

後をレインズに任せ、レクターは去っていきます。

……と思ったら、やっぱりレインズ君でしたか。

この人も諜報員ってこと、ちょいちょい忘れるな……。

そして、レインズさんはヒューバートに

一緒に作り上げていきましょうよ。

彼が立ち上げた”新情報局”の密かな理念

――西ゼムリアの安定を。

と語りかけるのでした。

対イケオジだと思います

©Nihon Falcom

そして……。

いやーまんまとだまされました!

レクターが通話しているのは、情報局の局長。

レクターにつらく当たっていた人物です。

CIDの息がかかった連中は一通り掌握できた、と今回の事を語っています。

そして、局長もレクターに頼っている様子で、レクターも続投してほしいと思っていると言っています。

実はこっちが仲間でしたかー。

しかし、

©Nihon Falcom

何でモブ顔なんだよぉぉぉ!!

絶対この人、共和国の大統領並のイケオジだと脳内保管してます!(←

親しげな嫌味を言い合いつつ、レクターは飛行艇も手に入ったし……とそのままカレル離宮へ向かうようです。

サイモン局長は情報局のシンボルをながめ、15年前から変わらんな……とつぶやきます。

子には勝てませんね・懐かしい

©Nihon Falcom

そして、現在……。

何やら屋根の上から導力車を見ているレクター。

通話の相手はクレイン……えーっと、確かトールズにいた方でしたね?

CIDの動向を見張って捕まえているようです。

そして、あらかた片づいたところで昔のように屋根の上に座るレクター。

最近、仕事しかしてないなと思いつつ、その仕事のやる気もいまいち起きない、と。

それは、生きる意味を見失っているせいだけではないようです。

クレアやルーファスには、なんだかんだ家族がいる。

ミリアムやアルティナももう大丈夫だろう。

自分とは違って、それぞれ変わることのない家族や友人がいる……

と。

あれ、レクターにもちゃんといるじゃないですか!

待ってくれている人たちが。

レクターは、自分は人間関係も捨ててきたことを思います。

残っていることは、償うべき罪くらいのものだ、と。

えぇぇ、レクターにもちゃんといるというのに……やってきたことからして仕方ないのですが、鉄血の子供たちはネガティブな人ばかりだなあ。

そこへ、ジークが飛んできます。

そして、

――やっと見つけましたよ、先輩。

と声が。

©Nihon Falcom

そこには、屋根の上にやってきたクローゼの姿が。

おおお、懐かしい……!

空3rdしようかな。

あっちもエピソードなので見やすいんですよねー。

©Nihon Falcom

クローゼは昔みたいに隣に座って、語り始めます。

先輩が抱えている事……

私には全てを理解することはできません

多分、私には想像もつかない事が

沢山あるのだと思います。

でも……どうあっても

私にとって、先輩は先輩ですよ。

私が自分の事を

分からなくなって悩んでいた時……

先輩が声をかけてくれた日の事

……今でも忘れられません。

あの時はありがとうございました、

レクター先輩。

と。

そして、ルーシー先輩も屋根の上に。

©Nihon Falcom

生徒会長のくせに

破天荒で常識なしで……

貴方には本当に苦労をさせられたわ。

と懐かしそうに言うルーシー先輩。

お、お美しいです……!!

でも……何度も救ってもらっていた。

たとえその瞬間は気づかなかったとしても……

貴方は今でも、私たちにとって

掛け替えのない存在で……

だから、レクター……

一人で抱え込まないで頂戴。

せめて私たちの前では……

本音で生きていてほしいの。

と語りかけるルーシー先輩が、美しすぎるのですが、その座り方はないだろう、と思ってしまう!(笑)

そしてレクターは

そうか、忘れていただけなのかもな……と空を仰ぎます。

それから、

ありがとな

お前らが居てくれると、迷子にならずに済みそうだぜ。

と告げるのでした。

突然の殊勝なレクターにびっくりするルーシー先輩とクローゼ。

さすがにレクターも本気で狼狽えるなっての、と言っています。

さて、そろそろクローゼが帰国する時間、というところで、ルーシー先輩が生徒会メンバーがリベールにいることに気づき、クローゼも何か察した様子です。

©Nihon Falcom

そして、レクターの両側に、これはまたとない機会、と笑顔で立つ二人。

息ぴったりのふたりに戸惑うレクターを、両サイドからガッチリ掴みます。

そして、そのままリベールへ連行されることとなるのでした。

いやあ、レクターさん……

君、こんなに美しい二人がいるのに、何も残ってないとか言わないでね?(笑顔)

しかしまあ、閃から始めた人も多そうなので、意味分からんでしょうねえ……。

そして、空3rdだけやっていない人も結構いらっしゃるとか聞きますけど。

やって!と思います(笑)

空3rd好きです!

軌跡シリーズ15周年記念 閃の軌跡キャラクターマニアクス (電撃の攻略本)

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告