【創の軌跡・ネタバレ感想40】ラストチャプター・宵闇の舞姫と月の姫

©Nihon Falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡・ネタバレ感想40】ラストチャプター・宵闇の舞姫と月の姫

舞いは……舞いは微妙だけど(笑)、すっごい熱い!

そしてリーシャがずっと美しい。

ネタバレしていますのでご注意ください。

ロスベルの希望のひとつ

©Nihon Falcom

行政区に着くと、リィン君とロイドさんが合流。

そして、大きな機体が鎮座してます。

シュールだな。

アスモダイン=メナス、という魔煌機兵のようです。

©Nihon Falcom

そして、そこにはイリアさんの姿も。

高い場所から、一行を見下ろしていました。

仮面越しでも、皆さんイリアさんにトップアーティストの風格を感じています。

仮面は行動を定義するものであり、本質は変わらない、と言っています。

そして、それは今でさえも……。

©Nihon Falcom

ロイドは、ずっと変だと思っていました、と語りかけます。

最高の舞台を届けるために、貴女は

いつでもひたむきに突き進んでいた……

それを捻じ曲げてしまう仮面を

貴女が受け入れるなんて事は

絶対にありえなかったはずです

そして、

……以前までの貴女だったら、と告げます。

リーシャは分かる気がします、と言います。

イリアさんが、絶望的な怪我を前にして

決して諦めずに頑張る姿……

それは帝国の属州下となったクロスベルの人たちを、

……私たちを励まし続けてくれました。

そして、悲しそうな顔でイリアさんを見つめます。

でも、だからこそ……

貴女は背負ってしまったんですね。

クロスベルのみんなのために、

自分が頑張らなくちゃいけないって。

と。

イリアさんはそうね、と答えます。

©Nihon Falcom

クロスベルのみんなを照らす「太陽」がいつまでも沈んじゃいられない。

あなしはいつしかそう思いこんで、そして見失ってしまったんでしょう。

ただひたむきに最高の舞台を求めたー

あたし自身の「原点」を。

ーシャの示した覚悟

そしてイリアさんは、新総統は偽物かもしれない、けれども、本物たろうとする偽物の姿は、時に本物を凌駕することもあると語り、宵闇の舞姫としての役割を与えられた自分を乗り越え、見出した姿を示すことができるかしら、と舞い始めます。

©Nihon Falcom

受けて立ちます、とリーシャは同じ舞台に立ち、エマとティオちゃんの協力の元、舞い始めます。

またイリアさんと同じ踊り踊ってるし……!!

©Nihon Falcom

そして、その姿はモニターに映し出され……。

その舞に、市民たちが正気を取り戻し始めます。

これこそが、本物のアルカンシェル。

あれこそが、クロスベルの誇りだったはずなのに―

イリアさんを、アルカンシェルを取り戻してくれー!

と沸き立つ市民たち。

©Nihon Falcom

アスモダイン=メナスに供給していた力が、リーシャの舞いによって押し戻されていきます。

驚くイリアさんに、リーシャは告げます。

これこそが私たちが市民に届け、

貰ってきたもの……

私がイリアさんに貰い、

ロイドさんたちと出会って育んできた

何よりも大切なものです!

この足場を持って、今この瞬間だけでも

貴女を越えてみせます……!!

©Nihon Falcom

イリアさんは、覚悟を示したリーシャにどこか嬉しそうな表情すら浮かべていました。

すっごい熱くて好きだ!と思うのですが、舞いだけは毎回笑ってしまう……(笑)

ーファス一行のそういうところ好き

©Nihon Falcom

大いに盛り上がっているところに駆けつけるルーファスさん一行。

役割分担だな、ととっとと先に行ってしまいます(笑)

©Nihon Falcom

丸投げされて、茫然とする一行。

緊張感は皆無です。

闇の舞姫と月の姫

リーシャと対峙するイリアさんは、笑い出し、いいでしょうリーシャ!とリーシャの成長を喜んですらいるかのようです。

©Nihon Falcom

そして、

だったらとことん確かめてみなさい!

貴女の<<月の姫>>としての輝きが、

あたしの宵闇を晴らせるかどうかを……!

と告げます。

リーシャとイリアさんのやりとりに、ちょっと胸熱になりました。

©Nihon Falcom

そして、ロイド+リィン組でリーシャが抑えてくれている今、アスモダインとの戦闘に突入します。

©Nihon Falcom

うーん、まあ……支援課をあんまり育ててないんだよなあ。

結局新VII組でくんでしまった。

でも全く入れないのもアレなので(妙な義務感)、サポートに支援課初期メンバーをそろえてみました。

本当はリーシャが一番育ってましたけど、選べませんしね。

©Nihon Falcom

バトルが終わると、みんなぜーはーしてます。

そして、このふたりは、こんな足場が悪そうなところでダンスバトルしてたの?

しかし、イリアさんはまだ終わりじゃない、とタワーの方へ去って行ってしまうのでした。

英雄伝説 碧の軌跡:改

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告