【閃の軌跡4・ネタバレプレイ感想3】後輩に怒られる先輩たち

©falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡4・ネタバレプレイ感想3】後輩に怒られる先輩たち

新VII組の3人好きだなー。

ネタバレしていますのでご注意ください。

っと始まるVII組の物語

©falcom

リィン教官に向かって手を伸ばす3人が可愛い。

分校と本校が合併したことになっています。

赤色の制服は、本校からの招待状で着せてましたねー。

でも、分校制服の色の方が好きです。

みんな、リィン教官の存在を忘れているようでモヤモヤしています。

名前は思い出せないけど、担任について語るユウナちゃん。

押しつけがましいて(笑)

ユウナちゃん、リィン君を押しつけがましいと思ってたようです。

何かユウナちゃんがリィン君にあわーい恋心でも持ってそうなモノローグがちょっと怖い。

というか、オーレリア分校長やトワ会長のことも忘れている様子。

なぜそのメンバー?

宿舎の3階に行き、名前を思い出せない担任教官の部屋へ。

他の教官室も空き部屋ばかり。

リィン君の部屋はそのままでした。

というか、ネームプレートにぐちゃぐちゃって線がひかれてたような。

あれ、いつの間にか新VII組で撮影した写真があります。

いい感じの写真です。

その顔を見て、「担任」のことを思い出すユウナちゃんたち。

みんな同じ夢を見ていたようです。

が覚めるとそこは……

©falcom

目を覚まして、何があったか思い出す新VII組。

アルティナちゃんにとっては特につらい状況です。

涙を流したミリアムも驚かれてましたが、アルティナちゃんも成長したなあ。

しかし、なぜアルティナちゃんとユウナちゃんを一緒のベッドに(笑)

目を覚ました場所は、エマの故郷であり、魔女の隠れ里。

ようやく登場しましたね。

エマの転移術でみんなで逃げて、その後、ロゼの転移が発動する際、ランディは巻き込まれてこちらに来てしまった様子。

ティオちゃんとはぐれちゃいました。

しかし、他は他でトマスの術で助かっていそうです。

新VII組が目を覚ましたと知って、何かがドタバタとやってくる。

家振動してるんですけど!(笑)

旧VII組がぞろぞろと部屋に入ってきました。

シュールです。

2週間も眠っていたということで、取り敢えず体力を戻すよう言われ、魔女の里をウロウロと。

温泉があるようで、ここが今後の拠点となるのでしょうか。

輩から先輩への喝

©falcom

仲間(場合によっては恋人?)や身内が大変なことになった新旧VII組。

それぞれ分かりやすく落ち込んでいます。

アリサも特に……と思ってましたが、旧VII組メンバーは比較的つらい立場の人が多いですね。

身内も敵ばかりと言いますか。

そんな中、ユウナちゃんが、リィン君がオズボーンの実子であると知って怒り出します。

それにしても、クルト君の読みが急に冴えわたった。

ユウナちゃんが、実子であることに怒っていると思っている旧VII組の面々。

悪く思わないでほしい、とか、理不尽な要請にーとか。

やたらとフォローしてきます。

い、いやー?そんなことで怒る子じゃないと思いますよ。

見当違いのフォローを深刻な顔でしてて、ちょっと笑ってしまった。

というか、ユウナちゃんに対して失礼なのではとも思いますが……。

そのぐらいのことで怒る子って思われてるってことですよね。

©falcom

目のふちが赤いなあと思っていたら、ほんとに泣いていたので、けっこう芸が細かくなったなあと思いました。

表情良くなりましたよねー。

©falcomc

アルティナちゃんも目のふちが赤い。

か、可愛い。

新VII組は旧VII組がやらないのなら!と言いますが、やらないとは言ってないような。

これから決めようって言ってたのに、結論が早かった(笑)

リィンが重心、とか心の支え、とか言ってましたが、旧VII組はちょっとリィン君に頼りすぎっていうか、依存しすぎてた感じもします。

リィン君の方が立場が大変なのに、なぜか励ましてばっかりでしたから。

もうちょっと、リィン君が頼れるようにしてほしかったな。

旧VII組はリィン君も含めて、その道を極めるとか、要職に就いたりとかしてますが、力に対して心の方が追いついてない印象を受けます。

ミリアムとかはしっかりしてましたけど。

まあ、なんだかんだ言ってもまだまだ若いですしねえ。

勝手に盛り上がって、勝手にまとめたとも取れますが、新VII組のこのノリ好きですねー。

閃の軌跡3の時は、リィン教官を時には叱咤するところが良いと思ってました。

後輩の言葉に目を覚ます先輩たち。

よ、予想通りすぎますね……。

突然行動し始める決意をします。

後輩に怒られるまで気づかなかったのか……。

ある意味、新VII組(おもにユウナちゃん)の見せ場に使われた先輩とも取れますが。

の頃、そのほかの陣営は

©falcom

後輩に叱咤されて、先輩と共に立ち上がるだろうと、ミュゼにまで見透かされています。

ミュゼさんは、四大名門とは別として動いているらしいです。

最低の一手とは?

どいういう策を講じているのか楽しみですね。

で、アッシュさんはというと、何をしてるんでしょう。

ウロウロウロウロしてます(笑)

確かミュゼ陣営に保護されたんでしたっけ。

©falcom

クロウとデュバリィ、マクバーンとの会話。

クロウは記憶を取り戻したので、黒の工房との契約は切れたと言っています。

……えっ、チョロインって言われてましたっけ?!

ビックリしました。

デュバリィちゃん、チョロインだとは思ってましたけど、公式的にチョロインの意識あったんですねー。

ただ、チョロインとかそういうの望んでないんですけど……。

あと、チョロインとやらは、デュバリィちゃんだけじゃなくて、閃の軌跡の女子たちもそうだと思いますよ(笑)

ヴァリマールの中に乗ったまま拘束されてるのかと思いきや、猛獣扱い。

クロウはあの体たらくじゃ、と言っていますが、リィン君のことのようです。

敢えてリィン君を助ける気は、クロウにはなさそうですね。

©falcom

大丈夫かこの人(笑)

すごい大暴れしております。

疲れないのかな。

ぐうう、て寝てるのかと思いました。

もう何か笑う。

暴走を抑えようと必死なセリーヌが可哀相です。

ジョルジュさんが訪れて、「相克」は近いとか何とか。

この人もどういう考えなのか……。

あと、アンちゃんはどこへ。

ようやく新旧VII組が動き出すところで、序章は終了です。

どのように動いていくのか楽しみですね。

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告