閃の軌跡3の感想と考察(ネタバレ注意)閃の軌跡4への期待も

©falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡3の感想と考察(ネタバレ注意)閃の軌跡4への期待も

英雄伝説「閃の軌跡3」のプレイ感想です。

空FC・SC・3rd、零・碧、閃・閃2、那由他は周回プレイ済み。

シリーズで好きなのは、可愛い女子。

ネタバレしていますのでご注意ください。

詳細なストーリー感想もございますので、そちらもどうぞ。

閃の軌跡3のネタバレプレイ日記。可愛い女子キャラ中心に語ってます。

トーリーについて

まずはリィン君が教官となり、生徒たちと絆を深めながら、また、成長した旧VII組と力を合わせながら、帝国の闇に立ち向かっていく…という流れとなりました。

しかしながら、やっていることが「閃の軌跡」を思い出させる展開ばかりです。

それを「懐かしいなー」と感じるのか、「またかよ!」と感じるのかは人それぞれで、私的には前者の方でした。

演習に行って、それぞれの問題とぶつかって成長して……そして、最後には成し遂げたと思って和やかに過ごしていたら、まさかの大どんでん返しで、リィン君が何やかんや。(笑)

うん、まさしく閃の軌跡ですね!!

そして、軌跡シリーズの話自体は、ほとんど進んでいない、という印象です。

これは残念でしたが、そもそも新しいキャラを入れてしまったので仕方ないのかもしれませんね。

確か、まだまだシリーズ自体が続くみたいなので、いい加減完結させてほしい小説とか漫画みたいになってきました(笑)

さて、ぶつ切りエンドについてですが、こちらについては「空の軌跡FC」で気になる!という終わり方でしたし、「閃の軌跡」の時もそんな感じだったので、ああファルコムさんだなあ、とあまり気になりませんでした。

まあ、「閃の軌跡4」を出すなら早くしてねーって感じですね。

色々忘れてしまうので……(笑)

出ましたねー。早くてよかったです。

閃の軌跡4・最新情報更新。プロローグはどん暗です。 リィン君はどのあたりで戦線復帰となるのでしょうか。

しかし2から3まで開いていたので、まさか閃の軌跡3もリィン君が主人公になるとは思っていませんでしたが。

4章から終章にかけて、帝国自体が大きく動いていくのですが、「呪い」等、作中でキャラの言う「オカルト分野」になってしまい、空の軌跡の時に語られた最大の悲劇である「ハーメル村」での惨劇も、まさかの帝国に巣食う呪いによることだと判明。

閃の軌跡3・ネタバレプレイ日記10。空の軌跡プレーヤー大望のあの村へ。相変わらずなふたりにニヤニヤ。さらにアランくんが男を上げた。

それ、ハーメルの人たちも納得できないよ……。

うーん、まだ「人の業」で納得できる部分なので、呪いとかいらなかったような……。

呪いによってそう運命づけられていたって、どこぞのRPGで、その通りに生きることを決められているっていうのを思い出してしまいました。

せっかく帝国の闇の部分が見えてきたところですが、「呪い」とかそういう結末に持って行ってしまうのは残念で仕方ないです。

うまく人間関係を描いてきたストーリーRPGとしては、もっと良い設定があったのでは?と思えてしまいます。

ここの部分はまだ語られただけなので、閃の軌跡4でどう描かれるのか、が問題になってくるかもですね。

しかし、閃の軌跡4では、やることが帝国の呪いからの解放か……。

さらに、亡くなった方が生きている問題についても、今回明かされることとなりますが、結局なんでそうなのか、はまだわかりません。

あらたな騎神も出てきて、起動者も判明しますが、お前もかいっ!と突っ込みたくなるのは、オズボーン閣下。

呪いやら不死者やら、あんまり安易に使うのは、ストーリー的にはどうかなあと思ってしまいますが……。

そうこうしているうちに、周りが不死者だらけになってましたし。

3rdの時のルフィナさんとか、レーヴェとはちょっと違いますしねえ。

あれは、本人が生き返ったわけではないので、まあ気になりませんでしたが。

ストーリーの流れは空の軌跡時代から決めていたのでしょうけれど、閃の軌跡になってから、空の軌跡の雰囲気が好きだった者としては、うーん……ちょっと違うなあという流れになってきている気がしないでもないです。

ところどころ、おお!カッコいい、と思う展開もあるのですが、ストーリーとしてはだいぶ驚きが少なくなってきたなあと言う、どこかで見た展開が多かったですかね。

黒幕は教授とか、やさし気な人とか。

閃の軌跡3のストーリーに関しては、過去作未プレイ者お断り感が強いかなー、時々熱いシーンもあるな、と言う印象。

良かった点としては、軌跡シリーズ最大のボスである、オズボーン閣下の過去について、多少分かることですね。

軌跡シリーズのストーリーとしては、閃の軌跡がどう完結するかで評価や感想も変わってきそうだと思うので、まあ今は「結末まで待ってから」って感じです。

ャラクターについて

残念なことに、エリゼとアルフィンは今回バトルに参加しませんでした。

当然と言えば当然ですが……。

さすがに可憐に成長しすぎてしまいましたしね!

閃の軌跡3・ネタバレプレイ日記12。二章開始。エリゼとアルフィンの登場と女子のキャッキャウフフに歓喜する。アリサとエマも美しくなって登場!

しかし、魅力的なキャラが多いとはいえ、ちょっとキャラが出過ぎてきたなあと思う所です。

バトルメンバーも固定されることが多く、好きにパーティーを組めないことが多い、装備を考えるのが面倒くさいという状態になってしまいました。

そのため、クオーツなんてすっごい適当。

しかし、空の軌跡、零・碧の軌跡から登場するのは、過去作プレイヤーとしてはテンション上がりまくりです!!

名前だけの登場のキャラが多いですけれども。

特にティオちゃん、ティータちゃんは可愛いー!と興奮しました。

閃の軌跡3のネタバレプレイ日記4。クルト君とユウナちゃんのドッキリハプニングと、アガットさんとティータちゃんのいちゃいちゃっぷり。

さらに美しくなった、初代ボクっ子ジョゼットさんが登場しています。

今まで3等身だったので、おおお、成長したなあーと。

特にティータちゃんとアガットさんのやり取りなんて、もうニヤニヤしてしまいます。

しかし、ここは過去作をやっているかやっていないかで分かれてくるところでしょうか。

やっていないと、最初からコイツ誰……?って感じです。

しかし、今さら空の軌跡からプレイするとなると、ハードルが高すぎる気もしますし、閃の軌跡が好きなプレーヤーには、空の軌跡の雰囲気はあわなそうだなあと感じます。

さて、今回新しく登場するユウナちゃんですが、特にお気に入りでした!

好き嫌い分かれそうなキャラをしていますが、ちょっとエステルに似ているかも。

クルト君も好きですし、新VII組の青春な感じは好きです。

分校でそれぞれの仲を深める新VII組が良い雰囲気だなと思いました。

女の子同士がきゃっきゃしているのが好きな者としては、ユウナちゃんとアルティナちゃんが仲良くしていたり、ぎゅーしていたりすると、大興奮です。

もちろん、旧VII組が仲良くなかったとは思いませんし、新VII組の仲間感の方が好みだったというだけです。

そのため、旧VII組が楽しめなかった方は、新VII組が気に入るかもしれませんし、旧VII組が好きだった方は、新VII組が出しゃばってきて面白くなかったかもしれませんね。

良かったのは

・ちょっと酷くなったリィン兄様のシスコンっぷり

・エリゼが美しい(パトリックが少し報われたようで、報われていない)

・ユウナちゃんとアルティナちゃんの仲良し感。ふたりとも可愛すぎる

・ユウナちゃんとクルト君の仲が、ちょっといい感じに見える

・新しい制服が可愛い

・分校生徒も魅力的なキャラが多い

・ユーシス、ミリアムのようにリィン君が絡んでいないところでの仲良し感

残念だったところとしては

・ミリアム、アンゼリカ、オリビエ、トヴァル、ラウラパパと生死不明、死人?が出るが、次回生き返りそう(生きてそう)な気もする

・クロウ=ジークフリードだが、あまり接点がなく、最後に突然自分のことを思い出す(これに関しては、西風が「団長を取り戻す」と言っていたことに関係するのかも)

ステム・BGMについて

戦闘についてはストーリーをサクサク進めたかったので、「ベリーイージー」を選択していました。

そのため、ボスはたいてい、最初の一撃を重くするクオーツをつけて、Sクラをぶっ放せば終わるという状態です。

そういう仕様があったのは、バトル面に重きを置いていない自分としては良かったです。

某世界のスーパースターが登場するRPG(大好きですが)のように、一番強いモードじゃないとシークレットムービーやら特典が見れない、とかだったら辛いですが……。

オーダーも面白いですし、バトル面は色々進化したなあと思いました。

クオーツについては、空の時代みたいに、スロットで何個あったらこのアーツみたいな方が面白かったですが、キャラが多すぎるとちょっと面倒かもですね。

BGMはいつもテンションが上がり、耳に残る曲が多いのですが、今回は残念ながらありませんでした。

ハーメルで流れる曲は気に入っていますし、色々思い出してじーんとするのですが、そもそも「ハーメル」なので空のBGMですし。

「行き着く先」は好きですが、歴代シリーズの曲からすると、もう一歩!ってところでしょうか。

絆システムについては、生徒とはさすがに恋愛関係までいかなかったので安心しました。

そのままの流れでお願いしたいですが、好感度も引き継ができるなら、「仲間」として選んだ女子キャラが、メインストーリーで抱き着いてきたり等やめてほしいですね……!!

逆に恋愛相手として選べた女子全員に「恋人」と選択していたら、次回は修羅場になるんでしょうか。

フッたのにガンガン攻めてきたら、それはそれで辛いですけど。

の軌跡4への希望と期待

・クロウが思い出したので、絆イベントにも復帰してほしい

・エリゼの絆イベントを熱望。

アルフィンとのセットは反対。それぞれ別で。

・ユウナちゃんとアルティナちゃんの仲良しシーンがあればいい

・ユウナちゃんとクルト君の仲がちょっと進展しないかなあ、というささやかな期待

・リィン君と女子生徒は、このまま恋愛関係には持って行ってほしくないところ

・エリィの登場を希望。ティオちゃんと仲良くしているシーンがあればなお良い(エリィ出るの確定しましたが、どのレベル出るのかなー)

・リースも出てほしいなー

・アネラスさん、八葉一刀流の先輩として出てこないかなー

・自由に帝国内に行けるようにしてほしい。ユミルに帰りたい(笑)

(以下、思いついたら増えるかも)

女子キャラへの期待ばかりになりましたね……。ストーリーはおまかせします!って感じです。

閃の軌跡3・ネタバレプレイ日記43。あちこちでニヤニヤイベント発生の夏至祭始まる!マキアスは恋愛フラグを立ててしまった……?

(閃の軌跡4後追記)

そういえば、生徒との恋愛関係以外はわりと叶っている……!

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告