【閃の軌跡3・ネタバレ】特務支援課ビルにて活動開始・新VII組の青春は続く【プレイ日記20】

©falcom

スポンサーリンク
記事内広告

の軌跡3・ネタバレ】特務支援課ビルにて活動開始・新VII組の青春は続く【プレイ日記20】

支援課ビルにて旧VII組メンバーが活動開始です。

また、新VII組はデアフリンガー号内で青春中。

星見の塔前まで。

ネタバレしていますのでご注意ください。

かしの支援課ビル

©falcom

マキアスの監査先の一つに入っていたとのことで、特務支援課が住んでいたビルを拠点として使用することに。

う、うーん、まあ懐かしいんですけれども、ズカズカ踏み込んでもほしくなかったかな。

あと、やたらと「特務支援課はスゴイ人たちだな……」とか持ち上げるシーンが多いんですが、旧VII組に言われると何か嫌味に聞こえます(笑)

君たちの方が、リーダー筆頭にスゴイ人たちだと思いますよ……(笑)

まあ、前作キャラ持ち上げは軌跡シリーズ恒例なので仕方がありませんが。

エステルたちも未だ持ち上げられ続けてますからね……。

支援課ビル内を全部は見て回れませんが、あーあのキャラの部屋だったな、と懐かしく思うところがいくつもあります。

ロイド君の部屋には、みんなで撮った写真が残っていましたし、キーアちゃんの部屋にはみっしぃのぬいぐるみが。

3Dで見れる日が来るとは……!!

気になったのは、エリィのオルゴールってリーヴェルト社製じゃなかったっけってことです。残ってたら何かイベントあったかなーと思ったのですが、エリィの部屋には入れませんでしたので。

みんなで撮った写真は当時の使い回し(笑)なのですが、懐かしいなーって感じです。もうあれ、何年前だったけ……。

キャラが少ないからか落ち着きます(笑)

忍びできてない皇女様とお付きの彼女

©falcom

オルキスタワーに行ってみると、何故か女学院の制服をまとったふたりが。

アルフィンがクロスベル市民のことを考えていなかったので、ユウナちゃんに謝りたいと、外に出ようとしているところでした。

いやいや、姫さま、目立ってます……!!!!!目立ちまくってます!!!

その可憐な美しさですから、服代えたぐらいじゃちょっと……。

あと、帝国(帝国なんですけど)じゃないので、クロスベルでそんな格好でウロウロしてたら余計目立つかと。

閃の軌跡2の時も女学院の制服でお忍びしてましたが、アレもいやいや、ばれるだろ!って感じでしたし。

また、アルフィンも優しいとは思うのですが、ユウナちゃんに謝ったとして、それは自己満足でしかなく……ってところだと思います。

アルフィンも気が納まらないんでしょうけれども、謝ってクロスベルが返ってくるものでもないし、ユウナちゃんに謝る必要性も感じないというか……。

仕方がないことだと言うか。

そこはもう、その気持ちを受け止めて今後どう振る舞うかってところだと思いますが。

皇族として、自分は傷つけに来たわけじゃないことを言いたかったのでしょうけれど。

それはそれとして、ふたりの制服姿が見れたから、それでヨシです!!(何)

春する新VII組+気になって集中できない

©falcom

ミルク粥を持ったアルティナちゃんが可愛い……!!!

クルト君の告白に(あ、恋愛じゃなくて)、ユウナちゃんも少しずつ何故ふて寝してるのか(笑)語り始めます。

まあ、「灰色の騎士」に護ってもらったのは予想ついてましたけれども、いったいどういう状況で命の危機に?と思ったら、そういうことでしたか。

しかし、リィン君を投入したのは共和国側を退けるためと言うより、クロスベル市民や帝国民に「灰色の騎士」の活躍を見せつけて有名にさせる意図があったのだろうと思われますが……(閃の軌跡2時点でわかってたことですが)

そんな中、処理落ちだったのか……。

©falcom

ちょっ……気になるんですけど!!!!!!

視点がユウナちゃんに変わって、アルティナちゃんに戻ってもこの状態だったので、話が頭に入ってきませんでした(笑)

どうしてこうなった。

しかも、ちょうどよくクルト君が驚いてしまってるので、髪がなくなったことに驚いているみたいになってしまった。

また、ユウナちゃんが体育座りしているのですが、パンツ丸見えだろうなあ……と気が気じゃありませんでした(何)

©falcom

さすがにリィン教官たちに話が移ると戻ったので、安心しました。

び、びっくりしたー。しかも誰だ?って感じでしたし。

そんな中、アルティナちゃんは「リィン君に子ども扱いされるのがモヤモヤした」ようなことを言います。

ひょ、表情がー!!!!

表情がすごく出てくるようになりましたね。可愛らしいです。(しつこい)

アルティナちゃんが「ユウナさんも認めてもらいたかったんですよね」と問いかけます。

えっ、そうなの!?????

リィン君に認められることに、ユウナちゃんにとってどれほどの価値が……?(何)アルティナちゃんは、まあ長い間サポートしていたので分かりますが……。

よく分かりませんが、ユウナちゃんも認めてもらいたかったそうです。

帝国民に反発してた、とかの方が分かりやすかった気も…。

あと、たんに気に食わないとか。ウマが合わないとか(笑)

まあ、リィン君の考えは予想通りで、録音に残してアルティナちゃんに託してました。

©falcom

そうですね。貴方に言われたくないです。(笑)

そんなこんなで、ユウナちゃんは完全復活。おそらく今後はもう深く落ち込んだりしないでしょう。

また、クルト君が頭撫でるのかと思って悪い意味でドッキリしましたが、肩に手を置いて励ましたので良かったです。

前回さとしてもらったので、今回は……ってところでしょうか。

リビエ参戦+託される想い

©falcom

さて、バーチャルティオちゃん(笑)とマナの揺らぎを感知したりとした後に支援課にいると、オリヴァルト皇子がオリビエさんで登場!!!

おお、こっちの方がしっくりくるなあー。

クロスベルの人々の想いと向き合うためにも、同行するそうです。

皇族の面々は色々と悩んでくれてるんですが……オズボーン閣下がなーほんと。何考えてんだか。

©falcom

それはそうと、シェラ姉と付き合ってたんですね????

何やらお誘いしていたのは覚えてますが、そういう話をハッキリと聞いたことはなかったような?

また、レクターも登場し、アドバイスのようなものを残して去っていきます。レクターってほんと良い人なんだか悪い人何だか。

クローゼと通商会議で話していた時は年相応の青年って感じだったんですが……。

©falcom

ランディやティオちゃんからクロスベルを守ってほしいと頼まれ、いよいよ結社とご対面です。

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告