ティータ・ラッセル【閃の軌跡3】

©falcom

スポンサーリンク
記事内広告

ィータ・ラッセル【閃の軌跡3】

「アガットさんも気をつけて、あんまり無茶しないでください!」

天才導力学者・ラッセル博士の孫娘にして機械には目が無いリベール王国出身の少女。《Ⅸ組・主計科》在籍。

4年前に起こった《リベールの異変》では、最先端のオーブメント開発で知られるZCF(ツァイス中央工房)の若手技術者としてアガットら遊撃士たちに協力、異変解決に貢献していた。

その後、かつての仲間であるオリヴァルト皇子からの情報で帝国に何らかの異変が起こりつつあることを知ったティータは、母親の猛反対を押し切って“交換留学生”という立場で《第Ⅱ分校》へ入学。

導力技術を学びつつ、機甲兵や戦術殻という謎の技術を自分の目で確かめるためシュミット博士に師事することになる。

「閃の軌跡3」公式サイトより

ィータ(16歳)の破壊力がヤバすぎる!!

ここここ、これは可愛すぎます!!!!なにこれ、可愛い。何なのこの破壊力!!!

ティータちゃんが16歳の女子学生となって登場!!

しかもアガットさんといい感じです。

「いつもここにいてくれますから」と深い信頼関係をうかがわせています。

空の軌跡のファンはこういう、積み重ねていって出来上がる、深い人間関係を期待しているんです!!

ティータちゃん、最初はアガットさんにひっぱたかれたもんなあ~……(笑)

喋り方とかも、以前はやはり幼かったですが、だいぶん成長した感じなので、早くティータちゃん(16歳)を見てみたいですね。声優さんは同じ方なのでしょうか?

もちろん、以前の幼いティータちゃんも可愛いです。

それにしても、レンとか出てきたら相当美しくなってて、小悪魔的に仕上がってそうですよねー。

ものすっごい見たいです。ティータちゃんのもとに、「遊びに来てあげたわよ」的に来てくれないでしょうか。仲良くしているところを見たいですね!

エステルも出そうな気もしますが、お姉ちゃん!て呼ぶのでしょうか。

換留学

勿論、学びたいというのが一番の理由なんでしょうけれど、アガットさんに追いつきたいという想いもあったんじゃないでしょうか……。

いつも置いて行かれるというか、アガットさんは遊撃士なので様々なところに行っちゃいますけど、もう待ってるのも嫌だなって想いもあったりして、と思います。

せめてアガットさんのそばにいたいな、とか。

16歳の恋する乙女って絶対強いですからねー!!

ティータちゃん、意外とガンガン攻めていくと思います。アガットさん、覚悟してくださいねー!

それにしてもティータママの猛反対って、帝国は危ないっていうのもあると思いますし、可愛いティータちゃんを外国なんて!とかあると思いますが、一番は絶対アガットのそばに行かせてなるものか!!!!(しかも外国)

という思いですよね(笑)

ティータママはティータちゃん溺愛ですから、仕方がありませんね。アガットさん恨まれてください(笑)

プレイ中は、どこにこのふたりがいるかを逐一観察していきたいと思います。そしてニヤニヤしてふたりのことを見守ります。

今後、サイトでもプレイ感想を載せる予定ですが、逐一ご報告したいと思います。

リィン教官のストーリーよりアガットさんとティータちゃんのストーリーが気になります(笑)

ィン教官との絡みは?

ティータちゃんはもちろんアガットさんが大好きなので、最強のモテ男(笑)リィン教官になびくなんてちっとも思っていませんが、リィン教官にぽっとなるシーンとかやめてほしいなあと思います。

例えば、リィン教官がティータちゃんの頭なでるとかはやめてほしいですね……。それなら、アガットさんになでてほしい(笑)

いやもう、しょっちゅうでもなでてください、アガットさん。

リィン教官がティータちゃんの頭なでようとしたら「俺のティータにさわるな!!」とアガットさんが登場したら嬉しすぎるんですが(何)

それでアガットさんとティータちゃんが良い雰囲気になるなら、リィン教官ゆるします(笑)

さて、絆イベントがあるとするならば、ティータちゃんを選ぶと、アガットさんとの仲睦まじい様子を見ることができるーとかだと嬉しいです。休日はアガットさんのもとに一目散なティータちゃんとか。

まあ、それだとリィン教官は完全なるお邪魔虫ですが……。

もはやだれが主人公かわからなくなりそうです。

アガットさんを追いかける、恋する乙女のティータが主人公とかでもいいですけど。

仲良くしているふたりを見るのを、心待ちにしています!

【こちらもどうぞ】

→アガット・クロスナー【閃の軌跡3】

→【空の軌跡3rd】好きなシーン【祝賀会の夜】

この記事もよく読まれています
↓↓こちらの記事もおすすめです
スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告